デルタ航空、1日2便の羽田=ホノルル線を申請、2020年夏ダイヤの発着枠配分で

デルタ航空(DL)は、2020年夏スケジュールで計画されている羽田空港(東京国際空港)の米路線発着枠で、1日2便の羽田=ホノルル線を申請している。

デルタ航空

運航機材には現在改装中のボーイングB767-300ER型機を投入する計画で、 新たな機内設備やエンターテインメントシステムでより充実した機内サービスを提供する。

また羽田空港とシアトル、 デトロイト、 アトランタ、 ポートランド間を結ぶ昼間の直行便を合わせて米運輸省に申請しており、いずれも実現すればアメリカの航空会社では唯一の路線となる。

2019年2月現在、デルタ航空では羽田=ミネアポリス線、羽田=ロサンゼルス線を運航。

日本=ハワイ間については、成田=ホノルル線、関西=ホノルル線、中部=ホノルル線、福岡=ホノルル線を運航している。

2019年2月28日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ