【10/19最新】ハワイの新型コロナ情報・ワクチンパスポート・渡航規制

[最終更新日:2021年10月19日]

このページでは、新型コロナウイルス感染症に関連するハワイのニュースをまとめています。掲載内容は随時更新しています。過去のニュースは、新型コロナ情報アーカイブに移動しています。

重要

ワクチン接種率:10月18日時点 70.2%(1回目接種率78.5%)

日本→アメリカ

現在、米国への出発には、出発前3日以内に受けた検査の陰性結果が必要です。ハワイ州の事前検査プログラムで使用する検査結果が併用できます。

ワクチン接種完了義務化(2021年11月8日から)

FDA(米食品医薬品局)が承認するワクチン、またはWHOが緊急使用リストに追加しているワクチンを接種後、2週間経過が条件(2回目の接種翌日を1日目として15日目以降)。日本で接種されているファイザー、モデルナ、アストラゼネカは対象ワクチンとなっています。

CDCガイダンスに注意

CDC(米国疾病予防管理センター)は、アメリカへのフライトに搭乗するすべての人に、出発前3日間以内の陰性結果または回復したことが確認できる書類の提出を義務付けること勧告しています。提示できない場合、航空会社より搭乗を拒否される可能性があります。

日本→ハワイ

ハワイ州では、州外から到着するすべての人(州民含む)に、10日間の隔離義務を設けています。

事前検査プログラムで隔離免除

ハワイの隔離義務は、日本でハワイ行き直行便の出発時刻からさかのぼって72時間以内に、ハワイ州指定医療機関で検査の陰性結果を取得することで免除されます。

現在、海外からの到着は、ワクチンパスポートの対象外です。日本の「海外渡航用ワクチン接種証明書」は、10日間隔離義務の免除には使用できません。

Safe Travels への登録

ハワイ州では、ハワイに向かうすべての人に、旅行情報と健康情報を事前にオンライン登録する Safe Travels システムの利用を義務付けています。ホノルル空港で離島への乗り継ぎがある場合、国内線区間は別途登録が必要です。この Safe Travels への登録は、事前検査プログラムの利用有無に関わらず必須です。

米国・ハワイ→日本

ハワイから日本に入国/帰国する場合も、入国した次の日から起算して14日間は自宅やホテル等で待機することが要請されています。実質的に帰国後の2週間は通勤・通学などを含む外出が制限されます。
また、帰国した空港から自宅・ホテルへの移動に、公共交通機関(電車、バス、タクシー、国内線の飛行機、旅客船など)の利用を控えるよう強く要請されています。
2021年1月13日からは日本に向けて出国前72時間以内の検査証明を取得することが条件に追加されました。
厚生労働省は2021年8月2日、待機期間中の契約違反として初めて氏名や年代、出発国等を公表しました(内1名はハワイから日本に帰国)。

ワクチン接種証明書と検査で短縮 9/27NEW

日本への入国/帰国

現地の検査サービス

旅行の最新状況

日本=ハワイ間の移動

ホテル

最新情報からの見通し

ワクチン・トラベル・プログラム(ワクチン接種特例プログラム)

現在、ワクチン接種完了による渡航規制緩和については、ハワイ州または米国内・米国領で接種を完了した人が国内線で到着した場合のみが対象となっています。これは、Vaccination Exception Program(ワクチン接種特例プログラム)や Vaccination Travel Program と呼ばれています。

ワクチン接種による隔離免除を受けるには、ワクチンカード(CDC、VAMS、DOD Form DD 2766C、SMART Health Card など)を Safe Travels にアップロードする必要があります。

必要回数のワクチンを接種後、接種翌日を1日目として、15日目以降が「Fully Vaccinated」として隔離免除の対象になります。

※現在、日本など海外からの到着は、ワクチン・プログラムの対象外となっています。ワクチン接種を完了していても、10日間隔離義務は免除されません。

渡航区間対象となる人時期(見通し含む)
ハワイ諸島内の島間(インターアイランド)ハワイ州内で接種したハワイ州民2021年5月11日から ※6月15日に渡航規制撤廃
州外 → ハワイハワイ州内で接種した人2021年6月15日から
米国他州で接種完了した人2021年7月8日から
海外 → ハワイハワイ州内で接種した人最新情報を随時要確認
米国内で接種完了した人未定
日本などで接種完了した人未定

※11月上旬頃から米国入国にはワクチン接種完了が条件となります

10/1最新:ハワイ州、Safe Travels Programとマスク着用義務を継続、接種率70%超えでも

事前検査プログラム

直行便の出発時刻からさかのぼって72時間以内に、ハワイ州指定医療機関(認定検査パートナー)で「ハワイ渡航用の検査」を受ける必要があります。陰性結果は Safe Travels にアップロードしておくこともできます。

以前は市郡(島)により対応が異なっていましたが、現在はほぼ統一されています。

市郡(島)州外・海外からの到着島間(インターアイランド)
ホノルル市郡(オアフ島)事前検査プログラムで隔離免除

(2021年7月8日からは、米国内でワクチン接種を完了していれば、米国内からの到着はワクチン・トラベル・プログラムを利用可 ※Safe Travelsで要申請)
到着時に隔離義務なし
ハワイ郡(ハワイ島)2021年6月15日から渡航規制なし
マウイ郡(マウイ島・モロカイ島・ラナイ島)
カウアイ郡(カウアイ島)

検査プログラムのニュース

事前検査プログラム(Pre-Travel Testing Program)は、今後も変更点が予想されます。最新情報をご確認ください。

到着後検査

危険情報・隔離義務・規制(日本からハワイへ)

ハワイを含むアメリカ全土に外務省の渡航中止勧告が出ています。日本からハワイ州に到着した場合には、10日間(14日間)の自己隔離が義務付けられています。島ごとの対応は、上記の「事前検査プログラム」対応表をご覧ください。

当局対応・制限内容
日本 外務省米国全土に「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」(2020.3.31~)
ハワイ州3月26日から旅行者と州に戻る住民に14日間の自己隔離を義務付け、12月17日から10日間に短縮(11/6から検査プログラムで隔離免除)
ホノルル市(オアフ島)9月13日から飲食店等でワクチンパスポート
人数制限など規制あり、マスク着用義務あり
ハワイ島人数制限など規制あり、マスク着用義務あり
マウイ島、モロカイ島、ラナイ島9月15日から飲食店等でワクチンパスポート
人数制限など規制あり、マスク着用義務あり
カウアイ島人数制限など規制あり、マスク着用義務あり

入国制限・水際対策(ハワイから日本への帰国・入国)

アメリカから日本に帰国した場合には、水際対策として空港で検査を実施。陰性の場合でも14日間は自宅・ホテル等での待機要請、また公共交通機関の利用を避けるよう要請が出ています。

当局対応・制限内容
日本2020年3月26日から米国全土からの入国後14日間は待機要請、公共交通機関の利用を控えるよう要請 ※国籍により入国制限(上陸拒否)あり
アメリカ国務省2021.6.8 日本を「レベル3:渡航の再検討(Reconsider Travel)」に引き下げ
2021.5.24 日本を「レベル4:渡航中止(Do Not Travel)」に引き上げ
日本に「レベル3:渡航の再検討(Reconsider Travel)」
日本を含む全世界に「レベル4:渡航中止(Do Not Travel)」
米国疾病管理予防センター(CDC)日本のCOVID-19レベルを「レベル4:最も高い」に

陽性判定数・陽性率

ホノルル市(オアフ島)、マウイ郡、カウアイ郡では、陽性者数と陽性率を評価基準として、規制が適用されます。マウイ郡とカウアイ郡では、段階によって検査プログラムに非参加となることがあります。

過去2週間平均

再開にむけてのニュース

旅行再開や経済活動、屋外活動再開にむけてのニュースをこちらにアーカイブしています。州や市郡による規制緩和についても取り扱っています。

航空会社の減便・運休

日本=ハワイ間の航空会社を運航する航空会社では、需要減少や各国の入国規制に伴い、減便や一時運休を実施しています。

JAL(日本航空)

羽田・成田・中部・関西=ホノルル線、成田=ハワイ島コナ線に就航しています。現在は、羽田=ホノルル線のみ週2往復で運航。日本=ハワイ間では、ハワイアン航空とコードシェアしています、

ANA(全日空)

ANAでは成田=ホノルル線を毎日2便、羽田=ホノルル線を毎日1便で就航。同じスターアライアンスに加盟するユナイテッド航空と双方的にコードシェアやマイレージで提携しています。

ハワイアン航空

羽田・成田・関西・新千歳・福岡=ホノルル線、羽田=ハワイ島コナ線に就航。10月から成田=ホノルル線を毎週1往復で運航。JALと包括提携を結んでおり、日本=ハワイ路線で双方的にコードシェアするほか、マイルでも提携しています。ハワイ諸島内の国内線(インターアイランド)でも主要エアラインとなっています。

ZIPAIR(ジップエア)

JALグループのLCC、ZIPAIR(ジップエア)が2020年12月19日(土)に成田=ホノルル線を新規開設。

デルタ航空

羽田=ホノルル線、中部=ホノルル線、関西=ホノルル線に就航。2020年夏季ダイヤから東京の就航空港は、成田から羽田に全面移管しました。日本=ハワイ間では、同じスカイチームに加盟する大韓航空運航便にコードシェアしています。

ユナイテッド航空

成田=ホノルル線に毎日1便で就航。同じスターアライアンスに加盟するANAと双方的にコードシェアしています。

エアアジアX

クアラルンプール=関西=ホノルル線を毎日1便で就航。現在は2021年の出発まで長期的に販売中止。

大韓航空

ソウル=成田経由=ホノルル線を毎日1便で就航。デルタ航空がコードシェアしています。成田=ホノルル間は、長期的に運休しており再開は未定です。

旅行会社のツアー

ハワイ行きのパッケージツアーを催行する大手旅行会社のJTB、HIS、JALパック、ANAトラベラーズなどの販売・中止情報を更新しています。近畿日本ツーリストや日本旅行など、その他の旅行会社については、旅行会社のウェブページ等をご覧ください。

現地サービス

ビーチ

ハワイのビーチに関する規制では、島(市郡)により対応が異なります。州立のビーチパークはハワイ州DLNRの管轄、オアフ島はホノルル市郡、マウイ島はマウイ郡、ハワイ島はハワイ郡、カウアイ島はカウアイ郡の管轄です。

ホテル

現在は多くのホテルが営業を再開しています。公式ウェブサイトをご確認ください。

タグ: , , , , , , , | 2021年10月19日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ