ハワイ島プナルウのリゾート開発にジャン・ミッシェル・クスト?氏が参加

ハワイ島南東部、プナルウのリゾート、シー・マウンテン・アット・プナルウ(Sea Mountain at Punaluu)の開発に、海洋探検家や自然保護者として知られるジャン・ミッシェル・クスト?氏(Jean-Michel Cousteau)がアドバイザーとして参加することが明らかになった。

リゾートの開発元である Sea Mountain Five LLC は、クストー氏の非営利団体 Ocean Futures Society とパートナーシップを結び、環境に配慮したエコ・ホテルやコンドミニアム、ゴルフコースの改装を進めることになった。

新しくデザインされるリゾートはまだ名前が決まっていないものの、かつてプランテーションが盛んだったころのスタイルになる予定で、海洋保護センターや商業地区も計画されている。

クストー氏にとってハワイの開発事業に参加するのは初めてとなるが、フィジーにある Jean-Michel Cousteau Fiji Islands Resort のように彼の名がリゾート名に入るかどうかは、現在のところ明らかになっていない。

プナルウ地区のリゾート開発は1970年代に始まったが、これまでの開発業者はコミュニティからの反対などもあり、開発は停滞していた。

コナやヒロからも遠く、リゾートとして人気が出なかったことも、その一因として考えられているが、クストー氏が参加することで、自然や文化と調和した新しいタイプのリゾートがハワイで成功するか、これから注目されるだろう。

参考記事:Cousteau signs on to Big Island development

タグ: , | 2006年9月16日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ