ハワイ島がビーチパークを再閉鎖、9月4日から2週間

[最終更新日:2020年09月03日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

9/17追記:ハワイ島、ビーチ閉鎖を9月末まで2週間延長

スペンサー・ビーチ・パーク
スペンサー・ビーチ・パーク

ハワイ島が新型コロナウイルス感染症の陽性者数増加に伴い、9月4日(金)から島内のビーチパークを再び閉鎖する。

ハワイ郡が管理するビーチパーク、海岸沿いの公園が対象で、一部を除きキャンプ場も使用禁止となる。

また島内の海岸沿いにある州立公園も閉鎖となること決まった。人気のハプナビーチやケカハ・カイ、ラパカヒ、ケアラケクア湾、キホロ、マッケンジーでも同様にビーチの使用制限を実施。

すでにビーチを閉鎖しているオアフ島と同様に、海にアクセスするためにビーチパークを通行することは可能で、海での運動や釣りなどは可能。

ビーチパークや公園内でのピクニックやバーベキュー、テント、タープ等の使用、商用利用は禁止される。

例外としてカイルア・パークは滑走路の海側エリアのみに適用。ヒロのリリウオカラニ・ガーデンは引き続き一般開放する。

ハワイ島では10人を超える人数での集まりは禁止しているが、ヒロの街を中心に陽性者数が増加しており、集会によるクラスターも確認されている。

ハリー・キム郡長はロックダウン実施には否定的だが、住民に複数人での集まりを避けてもらうため、9月19日午前7時までの期限を設けて今回のビーチパーク閉鎖を決定。状況次第では延長される可能性もある。

またコナ側ではミロリイ・フィッシング・ヴィレッジでのクラスターを受けて、同エリアの立ち入り制限を求める声が出ている。

公式発表:
Amendment to Mayors COVID 19 Emergency Rule No. 11 (PDF)
09/03/20-HAWAI‘I ISLAND STATE PARKS CLOSURES IN COLLABORATION WITH COUNTY CLOSURES

※DLNRからの追加発表に伴い州立公園の箇所を追記しました

タグ: , , , | 2020年9月3日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ