カアナパリ・ビーチがサメ出現で閉鎖

[最終更新日:2007年10月03日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

マウイ島カアナパリ・ビーチで体長5〜6フィート(約1.5〜1.8メートル)のサメが目撃されたことを受けて、ビーチの一部を閉鎖したことをハワイ州自然資源管理局(Department of Land and Natural Resources) が発表した。

目撃されたサメはオグロメジロザメ(Gray Reef Shark)などを見られており、海岸のすぐ近くで小魚を補食していたという。海岸近くでの補食活動は稀だが、安全が確認されるまで関係者はビーチに入らないように警告している。

サメが出現したカアナパリ・ビーチ周辺にはハイアット・リージェンシー・マウイ・リゾートがあるリゾート地区で、サメを見ようと多くの見物客が集まっていたという。

タグ: , , , | 2007年10月3日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ