チャイナエアライン、燃油代を値上げ、2012年4月発券からハワイ片道12,000円

台湾を拠点とするチャイナエアライン(CI)は、2012年4月1日発券分から燃油サーチャージを値上げする。成田-ホノルル線については、現行の片道11,700円から12,000円への値上げで微増となる。

また燃油代とは別に航空保険・保安費超過負担料として300円を徴収しており、ハワイ路線の場合は、航空券本体価格に加えて片道12,300円が加算される計算となる。

2012年4月以降の発券(購入)分については、既にJALとANAが片道15,000円への値下げを発表しているが、依然としてチャイナエアラインのほうが往復6,000円安いままだ。

チャイナエアラインは2011年夏にそれまで週5便だった成田-ホノルル線をデイリー化しており、曜日を選ばずに利用できるようになった。またスカイチームに加盟したこともあり利便性が高まっている。

便名 発時刻 着時刻 運航機材
CI018 成田発 20:00 ホノルル着 07:55 *同日 B744
CI017 ホノルル発 09:45 成田着 13:15 *翌日

時刻表は変更になる場合があります。最新のフライトスケジュールをチャイナエアラインWebサイトでご確認ください。

タグ: , | 2012年2月27日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ