チャイナエアライン、燃油サーチャージを再開、2017年2月発券から

チャイナエアラインのA330型機

台湾の大手航空会社、チャイナエアライン(CI)は、2017年2月1日発券分から燃油サーチャージの適用を再開する。

チャイナエアラインが運航する成田-ホノルル線については、片道2,000円、往復4,000円で、既に同期間での燃油代再開を決めている日本航空全日空ハワイアン航空と同額。

今回の改定は、2017年2月1日発券分から2017年3月31日分までが対象となり、4月以降については改めて発表される見込みだ。

チャイナエアラインでも燃油代が再開されるのは10ヶ月ぶりで、来年2月以降に発券(購入)する日本発着路線のチケットには、出発日に関わらず燃油代が加算されることになる。

各路線の燃油代は下記の通り。

方面 2017年1月31日発券分まで 2017年2月1日発券分から
成田-ホノルル なし 2,000円
新千歳・成田・羽田・静岡・中部・富山・関西-台湾 なし 500円
広島・高松・福岡・熊本・宮崎・鹿児島 -台湾 なし 400円
那覇-台湾 なし 300円
石垣-台湾 なし 100円

2016年12月現在、チャイナエアラインでは成田-ホノルル線を毎日運航しているほか、出発日限定で関空などからチャーター便を運航している。

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 機材
CI18 成田 20:10 ホノルル 08:00 6時間50分 A333
CI17 ホノルル 12:00 成田 16:25 *翌日 9時間25分 A333

参考:「燃油特別付加運賃」、及び「航空保険特別料金」について | チャイナ エアライン

タグ: , | 2016年12月25日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ