チャイナエアライン、2014年10月発券分から燃油サーチャージ値下げ

チャイナエアライン

スカイチームに加盟する台湾のチャイナエアライン(CI)は、2014年10月発券分より燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を値下げする。

チャイナエアラインが運航する成田-ホノルル線については、現行の片道16,000円から片道13,500円への改定となり、値下げ幅は往復で5,000円になる。

同期間の燃油代については、JAL(日本航空)やANA(全日空)も同水準への値下げを決めており、日本-ハワイ路線については各社同額となっている。

チャイナエアラインのその他の日本発着路線でも同様に値下げとなっている。成田・羽田・中部・関空・札幌・富山・静岡-台北では現行の片道6,000円から片道5,500円に、広島・高松・福岡・宮崎・鹿児島-台北では現行の片道4,500円から片道4,000円に、那覇-台湾では現行の片道2,800円から片道2,400円に値下げとなる。

2014年9月現在、チャイナエアラインでは成田-ホノルル線を毎日1往復(計2便)運航している。成田空港の出発時間が20時前後と早めに設定されている為、ハワイ到着時間も早い。チケットも比較的リーズナブルだが、現在滞在を少しでも長く、ゆっくりと楽しみたい人にも人気だ。

便名 成田発 ホノルル着 飛行時間 機材
CI18 20:10 08:35 7時間25分 A333
便名 ホノルル発 成田着 飛行時間 機材
CI17 14:00 16:55 7時間55分 A333

※フライトスケジュールは季節や出発日により異なります。チャイナエアラインのウェブサイトなどで搭乗予定日の時刻表をご確認ください。

タグ: , | 2014年9月7日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ