ハワイは子供の保険加入率が全米トップクラス

[最終更新日:2008年11月27日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

保健医療消費者のための国立機関である Families USA の研究によると、ハワイ州の子供のほとんどが個人健康保険に加入していることが明らかになった。

ハワイで保険に入っていない子供の割合は全体のわずか5.8%で、この水準は全米トップレベル。この数字は2005年から2007年までの国勢調査局による資料を元にしている為、景気の悪化が顕著になった2008年以降の状況は考慮されていない。

加入率が最も高かったのがマサチューセッツ州で子供の保険非加入率は4.6%。逆に最も保険の加入率が低かったのは、テキサス州で、保険非加入率は20.5%だった。

Families USA によると、アメリカでは9人に1人の子供が保険には非加入で、そのうちの88.2%が両親のうち1人しか働いていない家庭だという。

参考記事:KPUA.net – KPUA Hawaii News – Report: Nearly all Hawaii children have insurance

タグ: | 2008年11月27日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ