ハワイ全土で空港のレンタカー施設使用料を値上げへ

ハワイの空港営業所からレンタカーを借りる際には、レンタカーの基本料金とは別には施設使用料(CFC)を支払う必要がある。この使用料は現状では1日あたり1ドルとなっているが、今後4.50ドルへと値上がりする可能性が高まった。

既に上院を通過しているこの値上げに関する法案は、下院財政委員会も通過しており、下院本会議で引き続き審議される。法案を支持する議員やレンタカー会社は、ハワイの空港におけるレンタカー施設は本土の空港と比べても酷い状態になっていることを訴えおり、施設の改修を望んでいる。

施設使用料は空港のレンタカー店舗から借りるときにだけ必要であり、ワイキキなど他の場所でのピックアップには支払う必要がない。日本人観光客向けレンタカーパックには空港使用料が含まれている場合が多いが、値上げによって影響が出るかは現在のところ明らかになっていない。

関連記事:KPUA.net – KPUA Hawaii News – Hawaii close to raising car rental fees

タグ: | 2010年3月29日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ