州がオアフ島カイルアでのレンタサイクルを計画

[最終更新日:2010年08月11日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ビーチタウンとして観光でも人気のオアフ島カイルアで、ハワイ州がレンタル自転車サービスの導入試験を計画していることがわかった。既にイリノイ州シカゴやコロラド州デンバーでサービスを提供している B-cycle をレンタサイクルの管理システムとして採用する。

計画では電力に太陽光を利用したレンタルステーションをカイルアの2箇所に設置。1つは人気カフェのブーツ&キモズ近く、もう1つはウルニウ通り沿いを検討している。レンタルステーションにはそれぞれ7台の自転車を用意。自転車は個体識別機能の付いたハイテクモデルで、自転車はどのステーションに返却することもできる。

利用者はインターネットで会員登録ならびに24時間のメンバーシップを購入でき、レンタルステーション(B-station)に備え付けの販売機で簡単な手続きを済ませることで自転車を借りることができる。B-cycle の利用システムではレンタルステーション(B-station)でのメンバーシップ購入や会員カードの発行もでき初めてでも利便性は高い。

気になる料金は最初の30分が無料、以後30分ごとに2ドル、1時間半まで5ドル、2時間まで8ドル。ステーションではクレジットカードが使えるほか、定期的な利用者には1日料金や年間料金も設定する。

州では2010年12月にも導入試験を開始するとしている。

関連記事:Bike-rental program cycling into Kailua – Hawaii News – Staradvertiser.com

タグ: , | 2010年8月11日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ