ハワイ島で6月1日から店内飲食やヘアサロンなどが営業再開

[最終更新日:2020年05月24日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ島の飲食店
ハワイ島の飲食店

ハワイ島のハリー・キム郡長は5月23日、島内のレストランでの店内飲食やヘアサロンの営業が6月1日(月)から許可されると発表した。

ハワイ島を管轄するハワイ郡が発表した「緊急ルールNo.5」では、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが中程度と判断されるビジネスの営業再開が認められる。

具体的にはレストランなど飲食店での店内飲食や教会での礼拝、1対1のパーソナルサービスではヘアサロン、家庭教師、マッサージ、ヨガ、ピラティス、音楽レッスン、トレーニングなどが含まれる。

飲食店についてはフードコートの営業も許可されるが、バーやナイトクラブは引き続き禁止される。

再開にあたってはCDC(アメリカ疾病予防管理センター)や州、業界のガイドラインに従う必要があり、社会的距離の確保が求められる。

ハワイ州では5月中旬頃から経済活動や屋外活動の段階的な再開が始まっている。ホノルルが所在するオアフ島では6月5日から店内飲食が許可されるほか、カウアイ島では他の島に先駆けて5月22日から1対1のパーソナルサービスなどが営業を再開している。

日本からハワイ島へは、ハワイアン航空とJALがコナ空港への直行便を就航しているが、現在は新型コロナウイルス感染症の影響で6月末までの運休が決定している。

公式発表:2020-05-23 Hawaii County Mayor Kim Reopens Churches Salons Restaurants on June 1 — press release

タグ: , , | 2020年5月24日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ