ハワイ島、ビーチ閉鎖を9月末まで2週間延長

[最終更新日:2020年09月17日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

マジック・サンド・ビーチ
マジック・サンド・ビーチ

ハワイ島のハリー・キム郡長は9月16日、今月4日(金)から実施している島内のビーチパーク閉鎖を2週間延長することを発表した。

対象はハワイ郡が管理するビーチパーク、海岸沿いの公園、海岸沿いのキャンプ場、州立のビーチパーク等で、9月30日(水)まで閉鎖が継続される。

海での運動や釣り等を目的として公園を通行することは可能で、トイレやシャワーも朝7時から夜7時までは使用可。

ハワイではオアフ島でも8月8日からビーチや公園を閉鎖していたが、9月10日からは1人での利用に限り利用を許可している。

日本からハワイ島へは、ハワイアン航空とJALがコナ空港への直行便を就航しているが、現在は新型コロナウイルス感染症の影響で10月末までの運休が決まっている。

公式資料:Amendment to Mayor’s COVID-19 Emergency Rule No. 11 (Extension)

タグ: , , | 2020年9月17日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ