ANA、エアバスA380型機「FLYING HONU」1号機を受領、成田に到着

ANA(全日空)は、2019年3月14日(木)にフランス・ トゥールーズのエアバス社で大型旅客機エアバスA380型機を受領した。日本の航空会社がA380を受領するのはANAがはじめて。

デリバリーセレモニー
デリバリーセレモニー ©ANA

3月20日夜にトゥールーズ を出発した1号機 (登録番号 JA381A)は、日本へのフェリーフライトを行い、21日午後に成田国際空港に到着した。

ANAのA380は、ウミガメをモチーフにした特別塗装機 「FLYING HONU」で、発注した3機すべてがウミガメの機体デザイン。

特別塗装機 「FLYING HONU」 1号機は、 ハワイの「空」をイメージし、ANAのコーポレートカラーでもある「ANAブルー」 を採用している。

ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席の520席仕様で、2019年5月24日から成田=ホノルル線での運航を開始する予定となっている。

2019年5月24日(金)~6月30日(日)までのA380での時刻表は下記の通り。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
NH184 成田 20:20 ホノルル 08:40 火金日 A380
NH183 ホノルル 11:30 成田 15:00 *翌日

プレスリリース: 日本の航空会社として初となるエアバスA380型機を受領、1号機が成田空港に到着

タグ: , , | 2019年3月22日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ