ANA、ワイキキ~アラモアナセンター間に無料電気バスを導入、2019年4月20日から

ANA(全日空)は、2019年5月24日から成田=ホノルル線に導入するA380就航に向けて、ANAマイレージクラブ会員向けサービスを拡充する。

2019年4月20日からホテルが集中するオアフ島ワイキキの「Tギャラリア」とハワイ最大のショッピングセンター「アラモアナセンター」をノンストップで結ぶ電気バス「ANAエクスプレスバス」の運行を開始する。

運行ルート
運行ルート(画像提供:ANA)

ANA便を利用してハワイに行くANAマイレージクラブ会員なら、誰でも利用できる無料シャトルバスで、座席の窓ガラスが開放型になっており、ハワイの風を感じながら乗車できる。

ワイキキ~アラモアナセンター間の所要時間は片道約12分、運行頻度は15分間隔。始発はワイキキの「Tギャラリア」を9時、最終発は「アラモアナセンター」を21時45分に設定する。

青とオレンジの2種類のバスが導入される予定で、車体にはハワイの「空」をイメージしたANAブルーのホヌ、ハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジのホヌをデザイン。

車体デザイン(イメージ)
車体デザイン(イメージ)(画像提供:ANA)

また ANAマイレージクラブ会員向けサービスとして、2018年11月27日にハワイ専門サイト「ANA HAWAii for AMC」を開設。特典航空券やハワイのお得な情報、滞在中のマイルを活用したさまざまなメニューの予約および決済ができる。

特典航空券の予約については、エアバスA380の就航により、特典航空券向けの座席数を拡大。国際線プレミアムエコノミーも特典航空券の対象に追加するほか、国際線の特典航空券を利用時に座席を必要としない幼児(2歳未満)運賃航空券をマイルにて支払いが可能となる。

ハワイ滞在中のマイル活用メニュー拡充では、現地オプショナルツアー専門予約サイト「VELTRA」においてマイルでの予約および決済が可能となった。

さらに株式会社SKYTREKが手配するハワイ各離島へのチャーターフライト(最大8名様まで搭乗可能)をマイルにて予約および決済できるサービスを2019年2月以降に予定している。

離島チャーターフライトのイメージ
離島チャーターフライトのイメージ(画像提供:ANA)

ワイキキ・ショッピングプラザ内の「マハロラウンジ」では、2018年11月27日からマイルにてアクティビティやレストラン、ショッピング商品券のお申込みが可能となる。またラウンジは2019 年春に拡張しリニューアルオープンする予定だ。

プレスリリース:ホノルル線のAMC会員サービスがさらに充実|プレスリリース|ANAグループ企業情報

タグ: , , , | 2018年11月27日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ