ANA、超大型旅客機A380「フライングホヌ」を2019年5月24日就航、成田=ホノルル線で

ANA(全日空)は、かねてから東京=ホノルル線への投入を明らかにしていた超大型旅客機エアバス380型機を、2019年5月24日に就航すると発表した。

A380就航発表会
A380就航発表会

投入路線は成田=ホノルル線で5月24日(金)から週3往復、水・金・日曜日の出発分で運航する。航空券の販売は、2019年1月中旬頃を予定している。

また2号機を投入する2019年7月1日(月)からは週10便を運航。火・金・日曜日を毎日2便、その他は曜日を毎日1往復とする。

ANAでは2019年度から3機のA380を導入することを決めており、段階的にホノルル線での便数を増やしていく計画だ。

機内食では、ファーストクラスでフォーシーズンズ・リゾート・オアフ・アット・コオリナとのコラボレーションメニューを提供。

プレミアムエコノミーでは、ホノルル線限定で専用メニューを用意。エコノミークラスでは人気レストラン bills(ビルズ)とのコラボレーションメニューを提供する。

プレミアムエコノミーの機内食
プレミアムエコノミーの機内食

またすべてのクラスを対象として、ホノルル線限定ドリンク「ブルーハワイカクテル」を用意。

機内アメニティでは、ファークトクラスで東京西川の掛け布団やシーツマットを採用するほか、高品質の枕、テネリータ製のブランケットとリラックスウェアを用意する。

また英国グローブトロッターのアメニティポーチを、航空会社として初めて採用。日本発便では人気のアイボリー、ホノルル発便ではネイビーからスタートして、3~4か月ごとに新しい色に変更する。内容は、ザ・ギンザ エッセンスエンパワリング セットを揃える。

ファーストクラスとビジネスクラスの機内アメニティ
ファーストクラス(左)とビジネスクラス(右)の機内アメニティ

ビジネスクラスでは、丸八プロダクトの羽毛掛け布団に加えて、二重構造の枕、ベッドパッド、リラックスウェアを用意。

持ち帰れるアメニティでは、フレッドシーガルとコラボレーションしたホノルル線限定柄デザインを採用。「FLYING HONU」エコバックや歯ブラシセット、アイマスク、イヤープラグを提供する。

ビジネスクラスの座席
ビジネスクラスの座席

プレミアムエコノミーでは、生活防水素材で作られるANAオリジナルデザインの「FLYING HONU」エコバッグを提供。

プレミアムエコノミーの座席
プレミアムエコノミーの座席

ANAがはじめてエコノミークラスに導入するカウチシートでは、専用寝具としてシーツマット、枕、毛布を用意する。

ホノルル線ではお子様へのサービスも充実。日本発・ホノルル線で、特別機内食のベビーミール、チャイルドミールを申込むと、人気メーカー「エジソンママ」のANAオリジナルフォーク&スプーンをプレゼントする。

お子様連れの場合、ANAオリジナルデザインのエコバッグやFLYING HONU」の機体をデザインしたひこうきふうせんをプレゼントする。

プレミアムエコノミーの機内アメニティ(左)、機内免税品販売商品(右)、お子様用グッズ(奥)
プレミアムエコノミーの機内アメニティ(左)、機内免税品販売商品(右)、お子様用グッズ(奥)

さらに「FLYING HONU」就航記念として、機内免税品販売商品に1:500スケールの「FLYING HONU」モデルプレーンとHONUぬいぐるみ(ラニ)を販売する。

またANAでは、A380の就航に合わせて ANAマイレージクラブ会員向けサービスを拡充。専用ウェブサイトやワイキキ~アラモアナセンター間を結ぶ電気バス「ANAエクスプレスバス」を導入。

ワイキキの「マハロラウンジ」は、2019年春から面積を拡張しリニューアルオープンする。

2018年11月現在、ANAではボーイングB787-9で成田=ホノルル線を毎日2便、羽田=ホノルル線を毎日1便運航している。

タグ: , , , | 2018年11月27日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ