ANA、ハワイ・ホノルルにラウンジを2019年春オープン、2階席へ直接搭乗も

ANA は、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)に、自社ラウンジをオープンすることを発表した。

2019年春、東京=ホノルル線へのエアバスA380型機導入に合わせて、ANA では海外の空港では唯一となる自社ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」および「ANA LOUNGE」を新設する。

ラウンジ
ラウンジのイメージ(画像提供:ANA)

ホノルル線に投入するA380は、オール2階建ての超大型機で、ラウンジからはアッパーデッキ(2階)へ直接搭乗できる搭乗ゲートを用意する。

対象となる搭乗ゲートは、ターミナル2のエバ・コンコースC4ゲートで、ラウンジ3階から直結する(これまでANAでは主にダイヤモンドヘッド・コンコースを利用)。

搭乗ゲート
搭乗ゲート(画像提供:ANA)

ファーストクラスとマイレージ最上位会員用の ANA SUITE LOUNGE は、ゆっくりとした時間を過ごせる上質で落ち着きのあるデザインとし、搭乗口に最も近い利便性の高いエリアに設置される。

また ANA LOUNGE では、ハワイの自然を象徴する海・空・木々などのデザインを、床・壁・天井にダイナミックに表現。潮溜まりをイメージした「ファミリーエリア」を用意し、周囲にお子様が遊んでいる姿を見守ることができるようシートを配置。家族で安心してリラックスできる空間を提供する。

ターミナルマップ
ターミナルマップ(画像提供:ANA)

エアバスA380は、日本の航空会社としてはANA がはじめて導入。3機すべてをハワイ路線に導入する計画で、色が異なる3機の機体にはそれぞれウミガメが描かれ「FLYING HONU」の愛称が付けられている。

座席は全520席の仕様で、2階席となるアッパーデッキにはファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席の全137席、1階席のメインデッキにはエコノミークラス383席を配置する。

2018年6月現在、ANAでは成田=ホノルル線を毎日2便、羽田=ホノルル線を毎日1便運航している。

プレスリリース:ダニエル・K・イノウエ国際空港最大の自社ラウンジがオープン|プレスリリース|ANAグループ企業情報

タグ: , , | 2018年6月2日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ