ANA、2022年6月まで羽田=ホノルル線を週3往復

[最終更新日:2022年02月16日]

※この記事は公開されてから3ヶ月が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

5/10最新:ANA、7月からA380の運航再開、5月末からハワイ線増便へ

ANAのB787-9
B787-9

ANA(全日空)は14日、新型コロナウイルスの影響に伴う国際線の路線・便数計画を一部変更した。

日本=ハワイ間では、羽田=ホノルル線を週3往復で継続する。対象期間は、夏ダイヤが始まる3月27日から6月30日まで。

日本=ハワイ間では、同じスターアライアンスに加盟するユナイテッド航空が、昨年12月に成田=ホノルル線を再開していたが、1月下旬頃から再び運休している。

2022年2月14日現在、日本からハワイへは、米国入国の条件となるワクチン接種完了と出発前1日以内の検査が必要。ブースター(3回目接種)は条件となっていない。

ハワイから日本へは、出発前72時間以内の検査が必要であるほか、入国後は7日間の待機期間のうち(※1月29日から7日間に短縮)、最初の3日間は宿泊施設での待機が必要となっている(※2月11日から3日間に短縮)。

なお、現在の日本入国後の待機期間や指定施設待機は、オミクロン株の流行に対応した措置であるため、3月には変更になっている可能性がある。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
NH186 (UA7984) 羽田 21:55 ホノルル 10:15 月金日
NH185 (UA7985) ホノルル 13:40 羽田 17:25 (翌日) 月金日

※発着時刻は出発日や時期により異なります。ご利用日の時刻は航空会社ウェブサイトでご確認ください。

プレスリリース:新型コロナウイルスの影響に伴う国際線 路線・便数計画の一部変更について(追加分101)

タグ: , , | 2022年2月16日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ