ANA、2020年3月から羽田空港第2ターミナルでの国際線使用を開始、国際線ターミナルは第3に

羽田空港を離陸するANAのB787-8と富士山

ANA(全日空)は、2020年3月から羽田空港第2ターミナルでの国際線使用について、2019年12月頃から便ごとの使用ターミナルを案内する見込みを発表した。

羽田空港(東京国際空港)では、ANAやエアドゥ、ソラシドエアなどが国内線専用のターミナルとして使用している「第2旅客ターミナル」に、国際線対応施設の整備を進めており、 2020年3月から国際線の発着を開始する予定となっている。

また既存の 「国際線旅客ターミナル」は「第3旅客ターミナル」へと名称変更を予定している。

空港に直結する駅名の変更も予定されており、東京モノレール「羽田空港国際線ビル駅」と京急「羽田空港国際線ターミナル駅」は「羽田空港第3ターミナル駅」に変更・統一される。

ANAでは2020年3月以降、国際線の発着に 「第2旅客ターミナル」 と 「第3旅客ターミナル」 の両方を使用する予定で、 出発前に利用便のターミナルを確認するよう呼びかける。

国内線については変更はなく、引き続きANAでは「第2旅客ターミナル」を使用する。

2019年2月現在、ANAでは羽田=ホノルル線を毎日運航するほか、成田=ホノルル線を毎日2便運航している。

路線現在の駅名変更後の駅名
東京モノレール羽田空港第2ビル駅羽田空港第2ターミナル駅
羽田空港第1ビル駅羽田空港第1ターミナル駅
羽田空港国際線ビル駅羽田空港第3ターミナル駅
京急羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第1・第2ターミナル駅
羽田空港国際線ターミナル駅羽田空港第3ターミナル駅

プレスリリース: 2020年3月、羽田空港国際線ターミナルビル等の名称が変わります

2019年2月26日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ