全日空、燃油サーチャージ値上げ、2012年6月発券分からハワイ片道16,500円

スターアライアンスに加盟するANA(全日空)は、2012年6月1日以降の発券分より、日本発着路線の国際線について燃油サーチャージを値上げすることを決めた。

日本-ハワイ路線は現行の片道15,000円から片道16,500円への値上げとなり、既に値上げを発表しているJALと同水準となる。

ハワイ以外の方面についても値上げとなる予定で、ヨーロッパやアメリカなど長距離路線は片道26,000円への値上げとなる。

ANAは成田、羽田からホノルル行き直行便を運航しており、アメリカ大手のユナイテッド航空やハワイアン航空とのコードシェア便も運航しており、ユナイテッドやハワイアンについても同水準への値上げが予想される。

なお全日空の燃油代(燃油特別付加運賃)についても発券日ベースでの適用となる為、出発日に関わらず、航空券を購入・発券した日が基準となる。

方面 5月31日発券分まで 6月1日発券分から
韓国 2,200 2,500
中国・香港・台湾 6,000 6,500
ベトナム・フィリピン・サイパン 7,000 8,000
タイ・シンガポール・マレーシア 11,500 13,000
ハワイ・インド・インドネシア 15,000 16,500
欧州・北米・中東・オセアニア 23,500 26,000

タグ: , , | 2012年4月18日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ