ANA、燃油サーチャージ値下げ、ハワイ片道15,000円(2012年4月より)

ANA(全日空)は2012年4月1日から2012年5月31日購入分までの燃油サーチャージについて、中国線を除き値下げする。日本-ハワイ線の燃油代は、現行の片道16,000円から片道15,000円への値下げとならう、往復で2,000円の値下げ幅となる。

日本-ハワイ路線の燃油代については、既にJAL(日本航空)が片道15,000円への値下げを発表しており、日本の大手航空会社2社については同じ水準への変更となる。

ANAの値下げもJALと同じく改定条件の変更によるもので、市場の航空燃料価格は依然として高い水準になっており、次回の見直し時期となる6月以降の購入分でも大幅な値下げは期待できない。

日本とハワイを結ぶ直行便を運航している航空会社については、全て発券日ベースでの燃油代が適用される為、出発日に関わらず航空券を発券(購入)した日が基準となる。

方面 3月31日まで 4月1日から
韓国 2,500 2,200
中国 4,500 6,000
香港・台湾・マカオ 7,000 6,000
ベトナム・サイパン・グアム・フィリピン 8,000 7,000
タイ・シンガポール・マレーシア 13,000 11,500
インド・インドネシア 16,000 15,000
ヨーロッパ・北米・中東・オセアニア 25,000 23,500

詳細はANAウェブサイトでご確認ください。

タグ: , | 2012年2月25日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ