ANA、海外ツアーを2021年12月末まで中止

[最終更新日:2021年10月29日]

11/19最新:ANA、海外ツアーを2022年1月末まで中止

ANAのA380型機
ANAのA380型機

ANA(全日空)は28日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う海外ツアーの対応を更新した。

ハワイを含む海外の全方面の航空券+宿泊「ダイナミックパッケージ」、海外パッケージツアーを対象に、2021年12月31日(金)出発分まで催行を中止とする。

航空会社のANAでは、12月11日まで羽田=ホノルル線を週2往復で継続。12月12日から来年1月11日までは週3往復に増便するほか、一部日程でも運航日を設定している。

2021年10月28日現在、日本では米国への渡航中止勧告を継続しているほか、帰国時にはワクチン接種の有無によって10日間または14日間の待機要請(外出制限)を継続。

また、米政府は11月8日からワクチン接種完了を入国の条件とすることを決めており、日本からハワイへの渡航でも2回目の接種から2週間が経過している必要がある。

羽田=ホノルル線(2012年12月12日~2022年1月11日)

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
NH186 (UA7984) 羽田 22:15 ホノルル 10:15 月金日、12/22、12/29
NH185 (UA7985) ホノルル 13:25 羽田 17:40 (翌日) 月火土、12/22、12/29

ユナイテッド運航のコードシェア便

便名 出発時刻 到着時刻 状況
UA902 (NH7024) 成田 19:00 ホノルル 06:45 火木土 ※12/18~
UA903 (NH7025) ホノルル 10:55 成田 14:55 *翌日 月水金 ※12/17~

公式ページ:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う旅行に関する対応について

タグ: , , | 2021年10月29日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ