ANA、ハワイなど海外ツアーを10月31日出発まで中止

[最終更新日:2020年09月10日]

ANAのA380型機
ANAのA380型機

ANA(全日空)は9月10日、新型コロナウイルス感染症に伴う航空券+宿泊「ダイナミックパッケージ」、海外パッケージツアーついて対応を更新した。

ハワイなど全方面のツアーを対象に、2020年10月31日(土)出発分まで催行を中止とし、新規販売も取りやめる。旅行代金は全額返金となり、予約の取り消しはANAにて行う。

航空会社のANAでは、10月末まで日本=ハワイ間のほぼ全便を運休するが、帰国や赴任・留学などの需要に応えるため、成田=ホノルル間で2往復のみ直行便を設定。

成田発のNH184便は10月5日(月)と10月19日(月)、ホノルルのNH183便は10月6日(火)と10月20日(火)。運航機材はB787-9で、航空券の販売は9月10日から開始している。

8月22日に成田空港発着で実施したA380「フライングホヌ」のチャーターフライトは、応募が販売数を大きく上回り好評だったことから、9月20日(日)に第2弾を実施する。

プレスリリース:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う旅行に関する対応について

タグ: , , | 2020年9月10日

9/10更新:2020年の年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ