ANA(全日空)、ハワイ路線の全便運休を9月30日まで延長

[最終更新日:2020年08月04日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

9/14追記:ANA、羽田=ホノルル線を週2往復で継続、2022年1月12日まで

ANAのA380模型

ANA(全日空)は8月4日、2020年夏季ダイヤにおける国際線の路線・便数計画を更新。9月1日~9月30日までの運航・運休分を発表した。

日本=ハワイ間では引き続き、成田=ホノルル線の毎日2便、羽田=ホノルル線の毎日1便が全便運休となる。

国際線で運航するのは、アジア方面が成田=上海(浦東)、成田=香港の臨時便、羽田=台北(松山)、羽田=シドニー、羽田=バンコク、羽田=ハノイ、成田・羽田=ホーチミンシティ、成田=クアラルンプール、成田=シンガポール、成田=ジャカルタ、成田・羽田=マニラ。

北米方面が成田・羽田=ロサンゼルス、成田=サンフランシスコ、羽田=ワシントンDC、成田=ニューヨーク(JFK)、成田=シカゴ、羽田=バンクーバー、成田=メキシコシティ。

ヨーロッパ方面が羽田=ロンドン、羽田=パリ、羽田=フランクフルトの各路線。各方面とも一部の路線は一方向のみ運航する。

日本=ハワイ路線でコードシェアするユナイテッド航空は、成田=ホノルル線を9月30日まで航空券の販売を取りやめている。

ANAでは8月22日(土)に、A380「フライングホヌ」のテスト飛行を利用したチャーターフライトを成田空港発着で予定している。

路線便名週間便数状況
成田=ホノルルNH184/NH1837往復/週運休
NH182/NH1817往復/週運休
羽田=ホノルルNH186/NH1857往復/週運休

プレスリリース:新型コロナウイルスの影響に伴う2020年夏季ダイヤ 国際線 路線・便数計画の一部変更について(追加分41)

タグ: , , , , , | 2020年8月4日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ