ANAのA380「FLYING HONU」、2019年5月24日に成田=ホノルル線でハワイ就航

[最終更新日:2019年05月24日]

ANAのA380型機
ANAのA380型機(2019年4月撮影)

ANA(全日空)は2019年5月24日(金)、エアバスの超大型旅客機 A380型機「FLYING HONU」を成田=ホノルル線で運航開始した。

日本の航空会社がA380型機を運航するのは初めてで、ハワイ路線への就航発表時から注目を集めてきた。当初の予定通り、 2019年5月24日(金) の成田20:10発、NH184便でハワイ路線に就航。

2019年6月末までは、成田=ホノルル線の週3往復をA380型機で運航。成田発のNH184便とホノルル発のNH183便で、火・金・日曜日発にA380「FLYING HONU」を使用する。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
NH184 成田 20:20 ホノルル 08:40 毎日 A380(火金日)
B787-9(月水木土)
NH183 ホノルル 11:30 成田 15:00 *翌日
便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
NH182 成田 21:35 ホノルル 10:10 毎日 B787-9
NH181 ホノルル 12:45 成田 16:00 *翌日

2019年7月1日(月)からは成田発のNH184便とホノルル発のNH183便、A380を毎日運航。成田発のNH182便とホノルル発のNH181便が、 火・金・日曜日発の週3便でA380を使用する予定だ。 その他の曜日と便はB787-9で運航する。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
NH184 成田 20:20 ホノルル 08:40 毎日 A380
NH183 ホノルル 11:30 成田 15:00 *翌日
便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
NH182 成田 21:35 ホノルル 10:10 毎日 A380(火金日)
B787-9(月水木土)
NH181 ホノルル 12:45 成田 16:00 *翌日

ANAのA380は全520席の座席数で、1機あたりの座席数は日本=ハワイ路線で最大。ANAのホノルル線では初めてとなるファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミー383席の4クラス制となる。

座席配置はファーストが1+1+1、ビジネスが1+2+1席、プレミアムエコノミーが2+2+2席、エコノミーが3+4+3席の配置。

エコノミークラスでは日本の航空会社として初となる、横並びでベッドのように座席を使用できるカウチシート「ANA COUCHii」を導入する。またプレミアムエコノミーでは専用機内食を用意するほか、エコノミークラスでは人気のオールデイダイニング「bills」とのコラボレーション機内食を提供する。

プレミアムエコノミーの機内食
プレミアムエコノミーの機内食

「空(ANAブルー)」をイメージした配色 の「FLYING HONU」1号機のJA381Aは 3月に受領以降、成田=関空を中心に、中部セントレアや新千歳への習熟飛行を重ね、就航地のホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)へも2回飛行して就航への準備が進められてきた。また5月には 「海(エメラルドグリーン)」 をイメージした2号機のJA382Aを受領し、6月中の投入を見込む。また今後、「夕陽(サンセットオレンジ)」 した3号機の受領を予定している。

ハワイでも受け入れ体制を整えており、ホノルル空港にはANAの自社ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」 が5月24日にオープンする。

ホノルルでは、ANA便を利用するANAマイレージクラブ会員が無料で乗車できる無料電気バスを導入。ワイキキ~アラモアナセンター間を15分間隔で運行する。

2019年5月現在、ANAのハワイ路線では成田=ホノルル線のほか、羽田=ホノルル線を毎日1便運航。

ANAのA380型機が3機揃うのは 2020年春になる見込みで、ANAが供給する日本=ハワイ間の座席数が大幅に増加することが期待される。

タグ: , , , , | 2019年5月24日

【7/10更新】2020年8月夏休み・年末年始はハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ