ANA、A380フライングホヌで初日の出フライトを運航

[最終更新日:2021年01月02日]

ANA(全日空)は2021年1月1日、はじめてエアバスA380型機を使用した「初日の出フライト」を運航した。運航機材は機番JA381Aで、便名はNH2030(※Flightradar24 等ではNH3838)。

A380 JA381A
A380 JA381A ©ANA

乗客226名、運航乗務員2名、客室乗務員21名を乗せて、午前5時26分に出し、6時25分に離陸。機内から初日の出や富士山を望み、成田空港には8時31分に着陸した。

ANAのA380は「フライングホヌ(Flying Honu)」の愛称で親しまれるハワイ路線専用機。2020年は新型コロナウイルス感染症の影響によりハワイ路線で活躍できる期間が短かったが、一部日程で成田発着の遊覧飛行を実施してきた。

初日の出
富士山と初日の出 ©ANA

4クラス制の同便には今回、ファーストクラス8名様、ビジネスクラス37名、プレミアムエコノミー52名、 エコノミークラス129名が搭乗。通常なら成田=ホノルル線でしか乗ることができない「フライングホヌ」で空の旅を体験した。

また、ANAでは同日、今年で21回目を迎えた羽田空港発着の「初日の出フライト」も運航。B777-200型機の機番JA716Aが使用された同便の便名はNH2021。幼児を含む124名の乗客が機内から初日の出を楽しんだ。

2020年1月1日現在、ANAのハワイ路線はB787-9型機で羽田=ホノルル線のみ一部日程を運航中。ハワイ州では、フライト時刻の出発前72時間以内に州指定医療機関で陰性結果を取得すれば、到着後の10日間隔離義務を免除している(※カウアイ島は1月5日から独自の到着後検査プログラムで3日間隔離)。

羽田=ホノルル線の1月末までの運航日こちら。

便名 出発時刻 到着時刻 運航日
NH186 (UA7984) 羽田 22:15 ホノルル 10:15 1/1、1/2、1/4、1/8、1/15、1/18、1/22、1/25、1/29
NH185 (UA7985) ホノルル 13:20 羽田 17:35 (翌日) 1/2、1/3、1/5、1/9、1/16、1/19、1/23、1/26、1/30

2月の時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
NH186 (UA7984) 羽田 22:15 ホノルル 10:05 月・金
NH185 (UA7985) ホノルル 13:10 羽田 17:35 (翌日) 火・土

※発着時刻は時期により異なります。出発日の時刻をANAウェブサイトでご確認ください。
※便名の括弧内はコードシェアするユナイテッド航空の便名です。

タグ: , , | 2021年1月2日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ