ANAの初日の出フライト、2021年元旦はA380フライングホヌも

[最終更新日:2020年11月09日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ANAのA380型機
ANAのA380「フライングホヌ」

ANA(全日空)は、2021年1月1日(金)に実施する毎年恒例の「初日の出フライト」で、はじめてA380型機「FLYING HONU」を使用する。

フライトの発着は成田空港で、日帰りプランと「Go To トラベル」キャンペーン対象になる「前泊プラン」を用意する。

料金は日帰りプランで、ファーストクラスが窓側125,000円、通路側110,000円、ビジネスクラスが窓側90,000円、通路側75,000円、プレミアムエコノミーが窓側65,000円、通路側50,000円、エコノミークラスが窓側55,000円、窓側(翼の上)50,000円、通路側40,000円。エコノミーは2名以上での申込みになる。

応募期間は、2020年11月9日(月)16時から11月19日(木)10時まで。当選の場合は、11月26日(木)から11月27日(金)の間にメールで通知する。

当日のスケジュールは、成田空港にて午前3時15分~4時15頃に集合。5時30分頃に出発して、山梨県南アルプス上空付近から初日の出と富士山を眺めることができる予定。遊覧時間は約2時間で、成田空港に午前6時頃に戻ってくる。

機内では、おせち風お弁当と飲み物を提供するほか、搭乗証明書や記念品を用意する。また初日の出フライト記念として380マイルをANAマイレージクラブ口座に付与する。

使用機材は「空(ANAブルー)」をイメージした1号機(JA381A)を使用する予定で、便名はNH2030便。

ANAではほかに、12月12日(土)に「アーリークリスマスフライト」、19日(土)に千歳、大阪伊丹、大阪関西、広島、福岡発パッケージツアーとして成田発着のA380「フライングホヌ」チャーターフライトを予定

羽田空港を発着する「初日の出フライト」は、B777-200型機を使用するチャーターフライトを募集する。

公式ページ:2021初日の出フライト |ANAトラベラーズ

タグ: , , | 2020年11月9日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ