ANA、A380フライングホヌ遊覧飛行を12月12日と19日に

[最終更新日:2020年11月09日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ANAのA380型機
A380のモデルプレーン

ANA(全日空)は、2020年12月12日(土)と19日(土)にA380型機「ANA FLYING HONU」チャーターフライトを新企画として実施する。

成田空港を発着するフライングホヌの遊覧飛行体験で今回で4回目。初回は8月22日(土)2回目は9月20日(日)に実施しており、3回目は11月15日(日)に予定する。

12日(土)は「アーリークリスマスフライト」としてクリスマス仕様の機内食や夜景鑑賞が楽しめる。ファーストやビジネスクラスでは、ビールやワイン、シャンパンなどのアルコールも提供。またこれまでと同じく、搭乗証明書や記念品、座席クラスごとのアメニティを用意する。

当日のスケジュールは、成田空港に13時30分~14時30分頃に集合、16時頃に出発して、20時頃に成田空港に戻ってくる。遊覧時間は約3時間。

使用機材は「海(エメラルドグリーン)」 をイメージした2号機(JA382A)を使用する予定で、便名はNH2030便。

料金はファーストクラスで100,000円、ビジネスクラスが窓側61,000円、通路側56,000円、プレミアムエコノミーが窓側43,000円、通路側38,000円、エコノミークラスが窓側が38,000円、窓側(翼の上)36,000 円、通路側33,000円。エコノミーは2名以上での申込みになる。

19日(土)は地方からも参加しやすいように、成田または都内での宿泊付きパッケージツアー商品として販売。宿泊を伴うため「Go To トラベル」キャンペーンの対象となる。

設定発地は、千歳(札幌)、伊丹(大阪)、関西(大阪)、広島、福岡の国内5空港。料金は出発地により異なる。

当日のスケジュールは、まず各地空港を午前に出発する羽田行きを利用。陸路で各自移動して成田空港にて12時30分~14時頃に集合、15時30分頃に出発して約2時間の遊覧飛行を楽しみ、18時頃に戻ってくる。成田または都内で宿泊して、翌日に各地空港へのフライトを利用する。

ホテルは、ANAクラウンプラザホテル成田、成田東武ホテルエアポート、品川プリンスホテル メインタワー、銀座グランドホテルのいずれかをエントリー時に選択。どのホテルも同額となる。

使用機材は「空(ANAブルー)」をイメージした1号機(JA381A)を使用する予定で、便名は同じくNH2030便となる。記念品やホノルル線で提供するバナナマフィンなどの軽食、ドリンクを用意する。

料金は大阪関西発の場合、ファーストクラスが100,000円、ビジネスクラスが窓側85,000円、通路側80,000円、プレミアムエコノミーが窓側70,000円、通路側65,000円、エコノミークラスが窓側65,000円、窓側(翼の上)63,000円、通路側60,000円。エコノミーは2名以上で受け付ける。

12月のチャーターフライトは、11月9日(月)16時から13日(金)10時まで専用サイトで申し込みを受け付ける。応募多数の場合は抽選となり、当選の場合は11月19日(木)から11月20日(金)の間にメールで通知する。

またANAでは、2021年元旦の成田発着「初日の出フライト」で、A380「ANAFLYING HONU」を使用する初日の出チャーターを初めて実施する。

専用サイト:ANA FLYING HONUチャーターフライト | 国内ツアー|ANA

タグ: , , , | 2020年11月9日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ