ANA、8/22に成田→成田でA380「フライングホヌ」チャーターフライト

[最終更新日:2020年07月22日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ANAのA380型機
ANAのA380型機

ANA(全日空)は、2020年8月22日(土)にエアバスA380型機「FLYING HONU(フライングホヌ)」のテスト飛行を利用したチャーターフライトを実施する。

A380「フライングホヌ」は、2019年5月24日に成田=ホノルル線で運航を開始したが、日本=ハワイ間は8月31日まで全便運休を発表済み。ANAのA380はハワイ路線の専用機材となっており、外観デザインにはハワイ語でウミガメを意味する「ホヌ」を採用している。

8/4追記:ANA(全日空)、ハワイ路線の全便運休を9月30日まで延長

成田空港を出発して成田空港に戻るこのチャーターフライトでは、ハワイ旅行気分を楽しめるよう、機内でのハワイ演出や抽選会、オリジナルグッズのお土産などを用意する。またアロハシャツなどハワイを感じられる服装で参加するとプレゼントもあるという。

オリジナルグッズは、搭乗証明書、HONUリュック/ANA HAWAiiのバゲージタグ/エコセット、FLYING HONUデザインのエコバック(プレミアムエコノミー席のみ)が旅行代金に含まれる。

ビジネスクラスでは「フレッドシーガルコラボレーションアメニティキット」また「Thermo mug FLYING HONUアンブレラボトル」のどちらか一つ。

ファーストクラスでは「グローブ・トロッターのアメニティポーチ」または「Hydro Flask ANA HAWAiiボトル&キャップセット」のどちらか一つとなる。

出発日は2020月8月22日(土)で、集合は成田空港に11:00~12:30頃、出発は14:30頃、約90分の遊覧飛行を体験し、16:30頃に解散となる。

応募期間は7月22日(水)13時から開始する予定で、専用サイトで7月27日(月)9時まで受け付ける。応募者が多い場合には抽選となり、辞退があった場合には繰り上げ当選も実施する。

料金は、ファーストクラスが 50,000円、ビジネスクラスが窓側 35,000円、通路側 30,000円、プレミアムエコノミーが窓側 25,000円、通路側 20,000円、エコノミークラスが窓側 19,000円、窓側(翼の上)17,000 円、通路側 14,000円。

ANAマイレージクラブ会員には、ANA FLYING HONUチャーターフライト記念として80マイルを付与する。またビジネスクラスとファーストクラスでは、ANA旅行券5,000円分付き。

使用機材は、2機あるうちのどちらか1機を予定。ハワイの「空」をイメージしたANAブルーの初号機 JA381A または「海」をイメージしたエメラルドグリーンの JA382A が使用される予定。便名は NH2030。

詳細はANA公式ページで案内している。

公式ページ:ANA FLYING HONUチャーターフライト | 国内ツアー|ANA

※8月22日追記

便名機材機体記号(レジ)
NH2030A380-800JA381A

参考:NH2030 flightradar24

11/9追記:ANA、A380フライングホヌ遊覧飛行を12月12日と19日に
10/13追記:ANAのA380フライングホヌ遊覧飛行、11/15に成田発着で3時間
8/25追記:ANAのA380「フライングホヌ」チャーター、9月20日にも成田発着で実施

タグ: , , | 2020年7月22日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ