ANA、超大型機A380の座席・機内設備を発表、2019年春からハワイ路線に導入

ANA(全日空)は、かねてよりハワイ路線への導入を計画していた、超大型旅客機エアバス380型機(A380)について機体デザインや機内仕様の詳細を発表した。

導入する3機の特別塗装「FLYING HONU」(フライング・ホヌ)のうち既に発表されていた「空(ANAブルー)」をイメージした色とウミガメの表情のデザインに加えて、2機については「海(エメラルドグリーン)」と「夕陽(サンセットオレンジ)」をイメージした「FLYING HONU」として順次導入する。

座席は全520席の仕様で、2階席となるアッパーデッキにはファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席の全137席、1階席のメインデッキにはエコノミークラス383席を配置する。

A380「FLYING HONU」は、ファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの全クラスが専用のシートとなる。

座席配置はファーストが1+1+1、ビジネスが1+2+1席、プレミアムエコノミーが2+2+2席、エコノミーが3+4+3席の配置。

ファーストクラスには、日本初となるドアを装備した個室型シートを採用。ビジネスクラスには、フルフラットシートを導入し、内側2席の一部は2人での搭乗に最適な隣接するペアシートとする。

またエコノミークラス383席うち、後方60席は日本の航空会社で初となるカウチシート「ANA COUCHii」を導入。隣接する席のレッグレストを上げることにより、3席もしくは4席分をベッドのように利用できる。通常のエコノミークラス運賃に追加料金を上乗せすることで予約できる。「ANA COUCHii」専用の寝具も用意する予定で、子連れやゆったりと過ごしたい方を想定している。

機内設備では、メインデッキ(1階席)後方に、着替え・パウダールーム・授乳などに便利な多目的ルームを設置。シンクはもちろん、ベンチシートや着替え台、おむつ交換台を用意する。

また機内5箇所にバーカウンターを設置。自由にドリンクやスナックなどの軽食を利用できるようにする。

機内エンターテイメントでは ANA Wi-Fi Service が利用できるほか、「FLYING HONU」限定の機内コンテンツを提供する。

A380導入後のフライトスケジュールは未定だが、2018年4月現在ANAでは、成田=ホノルル線、羽田=ホノルル線を毎日運航している。また大型連休や夏休みなどの繁忙期には、関西から臨時便を運航している。

プレスリリース:「ANA HAWAii」が始動します|プレスリリース|ANAグループ企業情報

タグ: , , | 2018年4月26日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ