ダイヤモンドヘッドなどハワイ全島すべての州立公園が閉鎖

[最終更新日:2020年03月18日]


ダイヤモンドヘッドの登山口

ハワイ州は、新型コロナウイルス感染防止のため、2020年3月18日(水)から州立公園や州が管轄する展望エリア、モニュメント、史跡など閉鎖する。

対象には、ハワイ観光の定番もあるオアフ島のダイヤモンドヘッドも含まれる。

ハワイ島では人気のビーチ、ハプナ・ビーチ州立公園や観光名所のアカカ滝州立公園も閉鎖される。またマウイ島ではイアオ渓谷州立公園なども対象。

ハワイ州では、新型コロナウイルスの脅威がなくなるまでは閉鎖とする意向を示している。

アメリカでは、新型コロナウイルスの感染防止を防ぐため、政府から不必要な外出や旅行を控えるように呼びかけるガイドラインが出ており、観光はもちろん地元住民が日常的に訪れる場所にも影響が出始めている。

閉鎖の影響を受ける主な州立公園や観光名所はこちら。

オアフ島
ダイヤモンドヘッド州立自然記念公園

» オアフ島の州立公園

ハワイ島
アカカ滝州立公園
ケカハ・カイ州立公園
ハプナ・ビーチ州立公園
ワイルク川州立公園
ワイロア川州立リクリエーション・エリア

» ハワイ島の州立公園

カウアイ島
コケエ州立公園
ワイルア川州立公園
ワイメア渓谷州立公園

» カウアイ島の州立公園

マウイ島
イアオ渓谷州立公園
マケナ州立公園

» マウイ島の州立公園

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

2020年3月18日

【6/25更新】2020年8月夏休み・年末年始はハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ