APEC期間中、カピオラニ公園やアラモアナ公園も一部閉鎖

[最終更新日:2011年11月03日]

APEC(アジア太平洋経済協力)期間中の警備強化が続々と発表されている。2011年11月11日に閣僚会議、12日~13日に首脳会議が予定されているホノルルでは、多くの地域で厳戒体制とも言える警備強化が行われている。

ワイキキ近くにある憩いの場として人気のカピオラニ公園では、10月31日(月)から既に一部地域への立ち入りが制限されており、14日にかけてモンサラット通り沿いの駐車場も使用不可となるほか、サッカー場やピクニックエリアの一部も使用禁止になる。

アラモアナビーチに隣接するアラモアナ公園では、マジックアイランドの駐車場とダウンタウン寄りの一部エリアへの立ち入りが禁止される。アラモアナ公園内への車でのアクセスはできない見込みだ。

アラワイゴルフコースでも一部の施設が使用禁止となるが、ゴルフコースはAPEC期間中も営業を続ける。

またダイアモンドヘッドのトレイルコースも12日(土)、13日(日)が全面的に立入禁止となることが発表されている。

ホノルル警察では、その他の地域についても規制を敷く予定で、旅行客にも少なからず影響が出ると見られている。

関連記事:HPD announces park closures, restrictions for APEC – Hawaii News – Staradvertiser.co

2011年11月3日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ