アラモアナ・ビーチ・パークのパドルボート用エリアを継続

[最終更新日:2010年12月07日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ州はアラモアナ・ビーチ・パークで試験的に導入しているスタンドアップ・パドルボードの専用エリアを今後も継続するこを決めた。

スタンドアップ・パドルボードは、サーフボードとパドルを使い、気軽に海上を散歩できるスポーツとしてハワイでも人気となっているが、海水浴を楽しむ人との接触事故が発生するなど、ビーチでの危険が指摘されていた。

州では事故やトラブルを回避する目的で海上にブイを設置。パドルボートと海水浴客を隔てる取り組みをテストしてきたが、今後さらに6ヶ月の試験期間を設けて、専用エリアの是非を検討するとしている。

関連記事:State extends Ala Moana standup paddleboard test – Hawaii News – Staradvertiser.com

タグ: , | 2010年12月7日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ