エアアジアX、関西=ホノルル線の販売を長期的に取りやめ

[最終更新日:2020年08月05日]

9/30追記:エアアジア・ジャパン(DJ)とエアアジアX(D7)は、同じエアアジアグループですが別の航空会社です

エアアジアX
エアアジアX

マレーシアを拠点とするLCCのエアアジアXが、関西=ホノルル線の航空券販売を長期的に取りやめている。

エアアジアXのホノルル線は、クアラルンプール=関西経由=ホノルルで運航しており、日本=ハワイ間では唯一のLCCであるほか、エアアジアグループでは唯一のアメリカ乗り入れ便。

同路線は新型コロナウイルス感染症の影響により3月下旬から減便しており現在は運休中。これまでは1ヶ月単位で段階的に予約が閉じられていたが、現在は1年後までの期間を含むいずれの日付でも空席は出していない。

予約済みの航空券については、公式ページにて新型コロナウイルス感染症に伴う特別対応を案内している。

エアアジアXは、グループの中では中・長距離路線の国際線を市場とする位置付けで、運航再開には各国の出入国規制緩和や海外渡航需要の回復が必要になる。

現地の調査会社 CMS CIMB では、エアアジアXの目標株価をゼロに引き下げており、将来的な運航再開・継続を疑問視している。

便名 出発時刻 到着時刻 運航日
D7 001 関西 23:25 ホノルル 12:25 毎日(運休)
D7 002 ホノルル 15:50 関西 20:25 *翌日

※発着スケジュールは時期・曜日により異なる場合があります

公式ページ:【2020年6月16日更新】新型コロナウイルス感染症に伴う特別対応について

タグ: , , , | 2020年8月5日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ