エアアジアX、2018年8月16日から関西=ホノルル線を増便、デイリー運航に

エアアジアXのA333

エアアジアX(D7)は、2018年8月16日(木)から関西=ホノルル線を増便し、デイリー運航とすることを発表した。

2017年6月28日にクアラルンプール=関西=ホノルル線を就航して以来、関西=ホノルル間は週4往復(月水金土)で運航していたが、搭乗率が好調なことから増便することを決めた。

運航機材は引き続き、エコノミークラス365席、プレミアムフラッドベッド12席のエアバス330-300型機(A333)を使用する。

フライトスケジュールも現状のまま大きな変更はなく、関西国際空港を夜11時25分に出発、ホノルルには同日の昼12時30分に到着。復路はホノルルを午後4時に出発、関西には翌日の夜8時25分に到著する。

関西=ホノルル線では、日本発・ハワイ発ともに最も遅い出発時刻で、行きは仕事帰りでも利用しやすく、ハワイでは最終日にもお昼過ぎまで観光やショッピングが楽しめる余裕のあるスケジュールとなっている。

エアアジアXは、マレーシアのクアラルンプールを拠点とするLCC(格安航空会社)で、日本路線では羽田=クアラルンプール線、関西=クアラルンプール線、札幌=クアラルンプール線を運航。

また福岡=クアラルンプール線の新規開設や2015年8月19をもって運休している成田=クアラルンプール線の再開も計画している。

2018年5月現在、関西=ホノルル線ではエアアジアXのほか、JAL(日本航空)、デルタ航空、ハワイアン航空、スクート(LCC)が直行便を運航。

JALとハワイアン航空は相互コードシェアをしているほか、JALでは2019年3月まで増便しておりダブルデイリー(1日2便)で運航している。

2018年8月16日からの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 機材
D7 1 関西 23:25 ホノルル 12:30 8時間5分 A330-300
D7 2 ホノルル 16:00 関西 20:25 *翌日 9時間25分 A330-300

※フライトスケジュールは出発日により異なります。搭乗予定日の時刻をエアアジアのウェブサイトでご確認ください。

タグ: , , | 2018年5月22日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ