ハワイ島カイルアコナ、津波被害のアフエナ・ヘイアウが修復完了

アフエナ・ヘイアウの写真

2011年3月11日の地震による津波被害を受けた、ハワイ島カイルアコナのアフエナ・ヘイアウが修復作業を完了した。

アフエナ・ヘイアウはカイルアコナの海岸線、キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテルの敷地内にある史跡で、カメハメハ1世が1819年に亡くなるまで最期の7年間を過ごした場所としても知られている。

現地のNPOが中心となり保全活動を行なっているが、海岸線にあるヘイアウの一部は港の桟橋からも見え、また一般に開放されてる為、海岸線を歩けば史跡を見てまわることもできる。

カイルアコナを訪れたらぜひ立ち寄ってみて欲しいスポットだが、ハワイでは神聖な場所と考えられており、むやみに騒いだり触ったりしないよう気をつけておきたい。

ホテルは2011年にコートヤード・キング・カメハメハズ・コナ・ビーチと改名しており、マリオットのグループになっている。

関連記事:KPUA.net – KPUA Hawaii News – Tsunami-damaged ancient Hawaiian site restored

タグ: , , | 2011年12月28日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ