アドバンテージ・レンタカーが破綻,ハワイの店舗を閉鎖

[最終更新日:2008年12月09日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

サンアントニオを拠点とするアドバンテージ・レンタカーが破綻、米連邦破産法第11条の適用を申請した。アドバンテージはハワイにはホノルル空港とマウイ島に営業所があるが、現在稼働中のレンタカーが戻り次第、営業を中止する。

予約分についてはハーツレンタカーに振り返ることで合意しているとのことで、旅行者への影響は少ないとしているが、世界的にも厳しい景気悪化の流れは、旅行業界にも影響が出ていることが伺える。

参考記事:Advantage Rent A Car to close Hawaii locations, files for Chapter 11 – Pacific Business News (Honolulu):

タグ: , , | 2008年12月9日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ