ハワイの事前検査プログラム、検査は最終区間の出発前72時間以内

[最終更新日:2020年09月24日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ラスベガス空港
ラスベガス空港

ハワイ州知事はハワイ時間の9月23日、第13次緊急事態宣言に署名した。

州外からの到着者には引き続き14日間の隔離を義務付けるが、10月15日からはアメリカ本土からの渡航者を対象に旅行の事前検査プログラムによる隔離免除を開始する。

事前検査プログラム(pre-travel testing program)では陰性結果を求めるが、対象となる検査はハワイに向かう移動における最終区間の出発前72時間以内とする。これまでは出発前あるいは到着前の72時間以内という点で発表内容が混在していた。

例えば、デンバーから出発してロサンゼルスでホノルル行きに乗り継ぐ場合、ロサンゼルスの出発時刻が基準になるとみられる。

ハワイ州内の島を移動する場合にも、オアフ島以外の到着時には14日間の隔離義務が実施されているが、この宣言では各島を管轄する郡に陰性結果による免除を採用するか権限を与えている。

公式リリース:GOVERNOR’S OFFICE – NEWS RELEASE – GOV. IGE EXTENDS COVID-19 EMERGENCY PERIOD THROUGH OCTOBER AND AUTHORIZES PRE-TRAVEL TESTING PROGRAM

タグ: , | 2020年9月24日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ