マウイ島へのアクセスと行き方

ホノルル乗り継ぎ

マウイ島へは日本からの直行便がないので、ホノルルで国内線(インターアイランド)に乗り継いでマウイ島へ向かうのが一般的。

乗り継ぎ

ホノルル空港での乗り継ぎには、最低でも2時間ほどは余裕を持って手配しておきたい。 国際線の到着ターミナルから国内線のターミナルへは徒歩でも移動できる距離だが、国際線の到着が遅れると慌ただしくなる。

荷物

ホノルル空港ではいったん必ずいったん荷物を受け取る必要がある。 日本でマウイ島までチェックインしている場合は、税関通過後、目の前にある「他島乗り継ぎ手荷物チェックインカウンター」で預けることができる。 日本でホノルル空港までしか手配していない場合は、自分で荷物を運び、インターアイランドターミナルまたはコミューターターミナルでチェックインする。

所要時間

ホノルルからマウイ島カフルイ空港(OGG)への飛行時間は、ハワイアン航空で約35~40分。

航空券

国際線と国内線を一緒に予約するか、別々に予約するかは要検討。 まとめて一緒に予約する場合は、乗り継ぎの時間が考慮されている。

国際線も国内線もハワイアン航空ならまとめて予約するほうがおすすめ。

日本からハワイへの路線図

※写真・画像の無断使用・転載は禁止です

空港

マウイ島の空港は、カフルイ空港を利用するのが一般的。 西岸のカパルア空港へはオハナ・バイ・ハワイアンとモクレレ航空が就航している。

カフルイ空港(OGG)

マウイ島旅行ではカフルイ空港を利用するのが一般的。 ホノルル空港からは毎日何便ものフライトがある。 レンタカー会社も揃っているので、個人旅行でも利用しやすい。

カパルア空港(JHM)

西岸のリゾート地区に近い空港で、オハナ・バイ・ハワイアンとモクレレ航空がホノルルからのフライトを運航している。 レンタカー会社はないので、個人旅行では利用しづらい。

航空会社

マウイ島の空港へ路線のある航空会社はこちら

ハワイアン航空(HA)

ハワイ最大の航空会社で、ホノルル=カフルイ線を毎日何便も運航している。 またハワイ島コナ=カフルイ線、ハワイ島ヒロ=カウアイ線、カウアイ島リフエ=カフルイ線を運航しており、他の島からのアクセスもできる。

» ハワイアン航空

オハナ・バイ・ハワイアン(HA)

ハワイアン航空の別ブランドで、運航はエンパイア・エアラインズが行っている。 ホノルル=カパルア線を運航しており、西岸のリゾート地帯へ直接行くことができるが、カパルア空港は交通の便が良くないので、飛行機を手配する前に移動手段を確認しておきたい。 またモロカイ島=カフルイ線を運航しており、モロカイ島からのアクセスも可能。

» オハナ・バイ・ハワイアン

アイランドエアー(WP)

※2017年11月10日をもって運航を終了しました

ホノルルとカフルイ空港を結ぶ路線を運航している。 ホノルル空港はコミューターターミナルを使用。

» アイランドエアー

モクレレ航空(MW)

ホノルルからカパルア空港へのフライトを運航している。 またハワイ島のコナ空港、ワイメア・コハラ空港、モロカイ島からの便もある。 小型のプロペラ機で運航されているので、小さい飛行機が苦手な方は注意。

» モクレレ航空

Go!エアライン

※ハワイでの運航を終了しました

2006年に新規参入した格安航空会社のGo!はホノルルからカフルイへ運行しているほか、Go! Express の名前でカパルア空港へも運行している(運行はモクレレ航空)。

パシフィックウイング

※ハワイでの運航を終了しました

ホノルルから東岸の町、ハナ空港へ直行便を運行している。便数が少ないので、事前に十分に調べておいたほうが良い。

アロハ航空

※2008年3月31日をもって旅客サービスを中止しました

ホノルルからカフルイ空港へ何便も運行している。席は自由席なので、搭乗前にはゲートに列ができる。 ユナイテッド航空とのマイレージ提携やダラーレンタカーとのキャンペーンも好評。

ウェブサイトでのリアルタイム予約は日本の住所で契約しているクレジットカードではできない。日本語で電話予約ができる。

ページの先頭へ