ハワイ語で色なんという?

色を表す単語

意味ハワイ語読み方備考
白/ホワイトkeʻokeʻoケオケオ
keaケアMuana Kea は"白い山"あるいは"雪の山"の意味
黒/ブラックʻeleʻeleエレエレニイハウ島の色
赤/レッドʻulaʻulaウラウラハワイ島の色,王族に関係する神聖な色
青/ブルーpolûポルー英語の blue から,目や服の色などに用いる
濃い青/ブルーuliuliウリウリ海や山の色などに用いる
黄/イエローmelemleメレメレオアフ島の色
緑/グリーンʻōmaʻomaʻoオーマオマオモロカイ島の色
紫/パープルponiポニカウアイ島の色
紫/パープルpōpolohuaポポロフア
茶/ブラウンpalaunuパラウヌ英語の brown から
オレンジalaniアラニラナイ島の色
ピンクakalaアーカラマウイ島の色
灰色/グレーāhinahinaアーヒナヒナカホオラウェ島の色

地名に見られる白を意味する kea

ハワイ島のマウナケアは冬に雪が積もり山頂付近が白くなることから、"白い山"という意味で Mauna(山)+ Kea(白)となっています。

ホノルルのダウンタウンには Alakea Steet という通りがあります。 ホノルル港に続くこの道はかつて白いサンゴ石が敷き詰められていたそうです。 Ala(道)+ Kea(白)で"白い道"という意味になります。

地名に見られる赤を意味する ʻula

オアフ島ウインドワードにある Hauʻula の町は Hau(花,ハイビスカス,Hibiscus tiliaceus)に ʻula(赤)が付いて、"赤いハイビスカス" という意味になります。

マウイ島ラハイナの Kaua'ula という地名は Ka + ua(雨)+ 'ula で"赤い雨"(the red rain)の意味。

同じ青でも自然界のものには uliuli

ハワイ語にも同じような色に様々な呼び方をしており、例えば"青"と言っても色の濃さや使われる対象によっていろいろあります。 青の例だと、自然の海や山を形容するときは uliuli(ウリウリ)を用います。 オアフ島ワイパフの Honouliuli という地名も Hono(湾)+ uliuli(濃い青あるいは黒)で"黒い湾"という意味になっています。

ハワイ語をアルファベット順に調べる

ページの先頭へ