ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイ島へのアクセス

ハワイ島の空港

コナ空港とヒロ空港

大きなハワイ島には主要な空港が西岸のコナと北東のヒロの2カ所にあります。 便数が多く多くのリゾートに近いのはコナ空港ですが、火山観光ならヒロも便利です。

レンタカー利用ならホノルル空港で借りてヒロ空港で返す(またはその逆)という手もあるが、乗り捨て料金がかかる場合がほとんど。

宿泊地で選ぶ

観光客の多くはハワイ島西岸の大型リゾートやカイルアコナの町に泊まるので、コナ空港のほうが賑わっています。 コナコースト、コハラコーストのリゾート(ヒルトンのあるワイコロア,マウカケア,マウナラニ,ハプナ)ならコナ空港、 ヒロ、ボルケーノ(火山)、ホノカアならヒロ空港が近い。

日帰りで火山ならヒロ空港へ

個人旅行ならレンタカーかタクシーで移動するしかないが、ヒロ空港でピックアップしてくれる現地のツアー会社もある。

» ハワイ島オプショナルツアー | マイカイ・オハナ・ツアーズ
» Roberts Hawai: Evening Volcano Special

日本からハワイ島への直行便

ハワイアン航空の羽田-コナ直行便に続いて、JAL(日本航空)の成田-コナ直行便を復活!

ハワイアン航空の羽田-コナ直行便

ハワイアン航空が東京・羽田-コナ直行便を週3便で運航している。 羽田発・コナ発いずれも直行便で、出発曜日は水・金・日。

JALの成田-コナ直行便

2017年9月15日からJALが成田-ハワイ島コナ直行便を運航する。 7年ぶりの再開で、帰りのコナ発も成田行きの直行便となっている。

JALウェイズ(日本航空)

コナ空港に到着したJALハワイ島コナへは毎日JALの直行便が成田から飛んでいます。ホノルル空港での乗り換えの手間が省けるので、ハワイ島に朝早く着くことができる。

行きは成田→コナへの直行便、帰りはホノルル経由なので、降りて滞在することも可能(ストップオーバー)。その場合、ホノルルからの帰路も同じ070便を利用になることがほとんど。

コナ→ホノルルも国際線扱いになるため、2時間前のチェックインが求められている。

行き(JO070):成田21:00 → コナ9:00 *同日到着。時間は日時により前後します。
帰り(JO079):コナ10:20 → ホノルル11:15着-13:00発 → 成田17:25 *翌日到着。

マイル数:2797マイル

ホノルルで国内線に乗り継ぎ

ホノルルで国内線(インターアイランド)に乗り継いで、ハワイ島へ向かう方法で、これが一般的です。

乗り継ぎ

アロハ航空

国際線から乗り継ぐ場合は、ホノルル空港で2時間ほど必要とされているが、実際には時間があまることが多い。

国際線で到着後、入国審査を終えた場所からインターアイランドのターミナルへは歩いてすぐ。

インターアイランドのターミナルに早く着き、予約しているよりハワイ便に空席があれば、変更してもらえる場合もあるので交渉してみる価値はある。

チケット

チケットは国際線と一緒に予約すると往復¥10,000前後になる場合があるので要チェック。 旅行代理店や航空会社のウェブサイトで案内されています。

ハワイアン航空

ハワイアン航空

ハワイアン航空はホノルルからコナ、ヒロへ1日何便も運行しているハワイ最大の航空会社。

日本のクレジットカードではウェブでのリアルタイム予約不可。日本語の電話予約あり。 国際線と一緒に予約すると、片道6000円くらいから予約できる。

全席指定。

モクレレ航空

モクレレ航空は2008年11月から主要路線に新規参入したが、もともとはハワイ島コナを拠点としていた航空会社。 2008年11月現在、ハワイ島はホノルル〜コナ線、カウアイ島リフェ〜コナ線のみだが、ヒロ線にも参入を検討している。

go!

2006年に新規参入したメサエアグループの新ブランド go!もホノルルからコナ、ヒロに路線がある。 日本のクレジットカードでもウェブ予約ができ便利。 その他の島からは go!express ブランドでモクレレ航空が運行している。

アロハ航空

アロハ航空

[注]2008年3月31日をもって旅客サービスを中止しました。

ホノルルからコナ、ヒロへ何便も運行している。席は自由席なので、搭乗前にはゲートに列ができる。

日本語のウェブサイトでのリアルタイム予約ができます。日本語での電話予約もできます。

ユナイテッド航空と提携している為、ユナイテッド航空の国際線とセットで買うとお得になる。またマイレージもユナイテッドに加算できる。

ダラーレンタカーとのキャンペーンも好評。

コナ国際空港(KOA)

コナ国際空港はハワイ島観光の玄関口。開放的で南国の雰囲気抜群の空港です。

町へのアクセス

無料の路線バスも通るが1日数本なので、観光ではほとんど使えない。 タクシーかシャトルサービス(要予約)もしくはレンタカーとなる。 ツアーの場合はホテルまでバスの送迎があるので心配なし。

レンタカー

大手レンタカー各社のオフィスがあります。アラモ、エイビス、バジェット、ダラー、ハーツ、ナショナルなど。 日程が決まっていれば、日本から予約していくのがベスト。

地図


拡大地図を表示

ヒロ国際空港(ITO)

ダウンタウンに近い便利なヒロ空港は、キラウエア火山のあるハワイ火山国立公園まで車で1時間かからないので、火山観光に便利な玄関口

町へのアクセス

タクシーかシャトルサービス(要予約)もしくはレンタカー。 路線バスは走っていない。

日本語で予約、対応してもらえるマイカイ・オハナ・ツアーズのヒロ空港往復送迎サービスも便利。

レンタカー

大手レンタカー会社のオフィスがあります。アラモ、エイビス、バジェット、ダラー、ハーパー、ハーツ、ナショナルなど。

便利な参考ウェブサイト

Hilo International Airport (ITO)

地図


拡大地図を表示

» ページの先頭へ