ハワイ発の人気ローカルブランド10選!お土産にもオススメのアイテムとショップも紹介

ハワイで創業した定番&人気の10ブランドを紹介!アパレルやコスメなどお土産にもオススメの人気ブランドから注目のブランドまでまとめてチェック!

ハワイのローカルブランド

今回はハワイで創業して、いまでもハワイを拠点としている地元のローカルブランドから定番&注目の10ブランドを紹介!

ワイキキやオアフ島で比較的購入しやすいブランドを中心に、少しだけハワイ島など離島を拠点とするブランドも選出しました。

興味のあるブランドがあればショップ一覧やブランドの公式ウェブサイトやSNSをチェックしてください!

アイランドスリッパ(Island Slipper)

アイランドスリッパ
アイランドスリッパ

アイランドスリッパ(Island Slipper)は、1946年に創業したハワイの老舗サンダルブランド。

アラモアナ・センターやワイキキのロイヤル・ハワイアン・センターに店舗があるので、ワイキキ滞在中のショッピングで気軽に立ち寄ることができます。

近年では日本でも期間限定のポップアップショップなども見かけるようになりましたが、ハワイで買ったほうが種類も豊富で、価格もお得です。

» アイランドスリッパ(Island Slipper)のショップ一覧

プアラニ(Pualani)

ハワイ発の人気水着ブランドと言えば、やっぱりプアラニ(Pualani)です。

ハワイで生まれたビキニを中心とした水着は、ハワイの海やプールで着ていても全く違和感ないスタイルとデザイン。

日本でも取り扱いがあるので、事前に購入していくのも悪くありませんが、現地ハワイで買ってすぐに着るのもオススメです。

以前はザ・ニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテルに店舗がありましたが、現在はモンサラット通り沿いの直営店またはワイキキの水着専門ショップなどで取り扱いがあります。

アイランド・スノー(Island Snow)

アイランド・スノー
アイランド・スノー

アイランド・スノー(Island Snow)は、オアフ島カイルアの町を拠点とするアパレルブランド。

種類豊富なTシャツは、観光客向けのベタベタなハワイデザインでないので、ハワイ滞在中はもちろん、日本で着るにもオススメです。

ショップはカイルアの町に2店舗。 カイルアビーチ手前のカイルア・ビーチ・センターと町の中心部にあるカイルア・ショッピング・センターにお店があります。

» アイランド・スノー(Island Snow)のショップ一覧

トリ・リチャード(Tori Richard)

トリ・リチャード
トリ・リチャードトリ・リチャード

» トリ・リチャード(Tori Richard)のショップ一覧

シグ・ゼーン(Sig Zane)

ハワイ島ヒロを拠点とするデザイナー、シグ・ゼーン(Sig Zane)氏のブランド。ハワイアン航空の制服デザインやオハナ・バイ・ハワイアンの機体デザインを手がけるなど、幅広い分野で注目されています。

ハワイの植物をモチーフとしたデザインが特徴で、シンプルかつ上品な色使いのリゾートウェアやビーチウェアはどれも高品質。

ハワイ島ヒロのベイフロントにあるショップでは、そんなオリジナルデザインのアイテムが手に入ります。

» シグ・ゼーン・デザインズ(ハワイ島ヒロ)

クレイジーシャツ(Crazy Shirts)

クレイジーシャツ(Crazy Shirts)
クレイジーシャツ(Crazy Shirts)

1964年創業の老舗アパレルブランドとしておなじみのクレイジーシャツ。 Tシャツやハーフパンツを中心に、水着やリゾートウェアなど今では幅引くラインナップしています。

特徴的で種類豊富なデザインも魅力ですが、様々な自然素材で染めたナチュラルな色合いも人気です。

ワイキキやアラモアナセンターのほか、離島のショッピングセンターなどにも店舗があります。 見かけたらぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

» クレイジー・シャツ(Crazy Shirts)のショップ一覧

ホノルア・サーフ・カンパニー(Honolua Surf Co.)

ホノルア・サーフ・カンパニー(Honolua Surf Co.)
ホノルア・サーフ・カンパニー(Honolua Surf Co.)

日本でも取り扱いのあるショップがあるサーフ・カンパニー(Honolua Surf Co.)。 Tシャツやビーチウェアなどサーフィンをイメージしたアパレルをラインナップしています。

もし日本出発前にハーフパンツや水着などハワイで着たいアパレルを準備し忘れたら、ハワイに着いてからホノルア・サーフ・カンパニーで探してみるのもオススメです。

ワイキキのほかマウイ島やハワイ島、カウアイ島のリゾートエリアにもショップがあります。

ハワイアンバスアンドボディ(Hawaiian Bath & Body)

マリエオーガニクス
ホテルのアメニティでも採用されている

ハワイアンバスアンドボディ(Hawaiian Bath & Body)は、ノースショアのワイアルアにあるノースショアソープファクトリーのオリジナルブランド。

かつて製糖工場だった特徴的な建物で石けんを手作りしており、ノースショアの石けん工場として観光スポットとしても人気です。 また日本ではテレビ番組『モヤモヤさまぁ~ず2』で度々訪れていることでも知られています。

コスメ商品では、種類豊富な石けんのほか、ボディオイルやクリーム、リップバームなどハワイ旅行のお土産にもぴったなアイテムが揃っています。

» ノースショア・ソープ・ファクトリー(North Shore Soap Factory)

マリエオーガニクス(Malie Organics)

マリエオーガニクス
ホテルのアメニティでも採用されている

マリエオーガニクス(Malie Organics)は、カウアイ島発のオーガニックスパブランド。 ハワイ産の植物原料を使ったコスメ製品は、ハワイの一部ホテルでも採用されています。

日本でも取り扱っているお店がありますが、ハワイで買ったほうがもちろんリーズナブル。

ボディクリームやリードディフューザーといったアイテムはお土産にも人気です。 プルメリアなどハワイを感じさせるトロピカルでフローラルな香りをはじめ、ピカケやコケエといったハワイなではの落ち着いた香りもぜひ試してみてください。

» マリエオーガニクス(Malie Organics)のショップ一覧

マーティン&マッカーサー(Martin & MacArthur)

マーティン&マッカーサー
マーティン&マッカーサー

ハワイでコアなどの上質な木材を使用した商品を扱うショップ、マーティン&マッカーサー(Martin & MacArthur)は、大切な方へのお土産探しにはぜひ立ち寄ってみてほしいお店です。

ハワイ固有のコアの木(コアウッド)を使用したオリジナルの日用品やインテリア雑貨、アート作品を揃えているほか、上品かつ高品質のアクセサナー類も扱っています。

ワイキキ、アラモアナではショッピングセンターやホテル内の店舗が充実していますし、マウイ島などの離島にもショップがあります。

» マーティン&マッカーサー(Martin & MacArthur)のアラモアナセンター店

ハワイ発のブランドはまだまだたくさんある!

今回はファッションやコスメを中心に、ハワイを拠点とする10のブランドを紹介しました。

でもまだまだハワイにはローカルブランドがたくさん。 アクセサリーやアート作品、工芸品を含むと、数多くのオリジナルブランドに出会うことができます。。

ショッピングセンターのほか、ローカルなショップにもぜひ立ち寄ってみてください!

» ハワイの人気ショップ&ショッピングガイド

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ