ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ポークチョップが絶品!かつての日本の食堂を思わせるマナゴ・ホテルのレストラン

島の各地に日系移民の歴史が感じられるお店が残るハワイ島。 コナコーストのケアラケクア湾を望む斜面に広がるキャプテンクックの町には、1917年創業のマナゴ・ホテル(Manago Hotel)がいまも営業を続けています。

今回はそんな歴史のあるホテルのレストランをご紹介。

ハイウェイ沿いに建つマナゴ・ホテル
ハイウェイ沿いに建つマナゴ・ホテル

コナ空港からママラホア・ハイウェイを南下すること約30分。 ハイウェイ沿いに建つ2階建ての建物が、マナゴ・ホテルです。 宿泊者が快適な滞在ができるよう改装を重ねており、現在は落ち着いた印象の外観となっています。

歴史を感じるホテルのフロント
歴史を感じるホテルのフロント

歩道からホテルへと入ると、はじめてならその昭和感のある雰囲気に驚くかもしれません。

左側にフロントデスク、右側の部屋にはロビーがあります。 フロントには誰もいないことも多いので、レストランへはそのまま右奥へ進んでいきます。

レストランの入口
レストランの入口

マナゴ・ホテルのレストランは、宿泊者でなくても気軽に訪れることができます。

営業時間は朝食が7時~9時、ランチは11時~14時、ディナーは17時~19時30分。 月曜は定休日です。

窓から夕日が差し込む
窓から夕日が差し込む

今回は夕食時の営業時間がはじまる17時に訪れました。 スタッフは皆さんフレンドリーで、気持ちよくテーブルに案内してくれます。

西側と北側に窓が並ぶマナゴ・レストランは、午後から夕方になると太陽の光が差し込み、明るい雰囲気のなかディナータイムがはじまります。


古く歴史が感じられる内装ですが、清潔感がありとても居心地が良い空間です。 ハワイのレストランというより、日本の田舎町にある食堂といった趣があります。

大人数でも利用できるテーブルが用意されているので、グループや家族連れでも利用しやすくなっています。

定番料理は壁掛のメニューをチェック
定番料理は壁掛のメニューをチェック

料理のメニューは、朝食とランディ&ディナーに分かれています。 朝食はトーストや卵料理、パンケーキ、フレンチトーストが食べられます。

ランチとディナーでは、肉料理やシーフードのグリルを中心に、ハンバーガーやサンドイッチもあります。 このメニューだけ見ると、アメリカンレストランです。

メインの前にいただくご飯とおかずは素朴な日本食
メインの前にいただくご飯とおかずは素朴な日本食

今回はマナゴ・ホテルの看板メニューでもあり、多くの方が注文するポークチョップをオーダー。

まずはメインの料理に含まれる白米やお惣菜が出てきました。 あっさりとした味付けの和食は、旅行中のちょっとした疲れが癒やされていくような優しい味わい。

マナゴ・レストランの人気メニュー、ポークチョップ
マナゴ・レストランの人気メニュー、ポークチョップ

そしてこちらが定番のポークチョップ。

肉厚の豚ステーキはしっかりとした味付けで、先ほどのお惣菜や白米と一緒に食べると、ちょうどよいバランスが感じられます。

ジューシーで程よく柔らかい絶品の豚ステーキです。

ディナータイムは明るい時間帯から席が埋まっていく
ディナータイムは明るい時間帯から席が埋まっていく

平日のディナータイムがはじまると、地元の方々はもちろん、続々と宿泊者や旅行者も入店してきます。

夜の営業時間は17時から19時半までと長くないので、ディナーなら少し早めの夕食に訪れるのがおすすめです。 宿泊者ではなくても気軽に入店できるので、気になったらぜひハワイ島旅行のレストラン候補に入れておきたいお店です

店舗情報

店名:マナゴ・ホテル&レストラン(Manago Hotel & Restaurant)
住所:82-6155 Mamalahoa Hwy, Captain Cook, HI 96704
営業時間:朝食:7時-9時,ランチ:11時-14時,ディナー:17時-19時30分
アクセス:ママラホア・ハイウェイ(11)沿い、コナ空港から約35分・約33km、専用駐車場あり

» ページの先頭へ