JALの成田=ハワイ島コナ直行便、就航初便 JL770 の搭乗レポート!

JALのハワイ島コナ直行便が復活!

2017年9月15日(金)、7年ぶりにJAL(日本航空)の成田=ハワイ島コナ直行便が再開しました!

JALのB767-300ER
JALのB767-300ER

2010年10月の運休までは、行きはコナ直行便、帰りはホノルル経由で運航されていましたが、今回は往復ともコナ直行便となりました。

通常、ホノルル乗り継ぎだと日本から約10時間ほどかかるハワイ島ですが、行きは約7時間でアクセスできるようになります。

今回は再就航初便となった2017年9月15日(金)の成田発、JL770便の様子をレポートします!

成田を夜遅くに出発

JALのコナ行きは、成田空港を夜9時半頃と少し遅めの出発。

ちょっと調整すれば都内からも仕事帰りにそのまま直行できるくらいの時間帯に設定されています。東京駅、日暮里駅から17時半~18時頃の成田エクスプレスまたはスカイライナーに乗れれば、チェックインに間に合います。

成田空港の出発案内
成田空港の出発案内

また遅くなればなるほど他の便が既に出発済みのため、成田のJALラウンジも空いてきます。 ビジネスクラスやその他の条件で、ラウンジが利用できる方は早めに空港へ着いてものんびり過ぎすことができます。

就航初便

記念すべき再就航の初日となった2017年9月15日(金)には、搭乗ゲート前で記念式典が開催されました。

就航記念式典
就航記念式典

就航日などはこのようなイベントが開催されるのが一般的で、関係者や機長のご挨拶、フラの演舞などが行わて就航ムードを盛り上げました。

コナ便はエコノミークラスとビジネスクラス

では続いて機内の様子をご紹介!

ボーイングB767-300ERで運航される成田発・コナ行きのJL770便、コナ発・成田行きのJL779便は、エコノミークラス175席とビジネスクラス24席の2クラス制です。

プライベート空間が魅力のビジネスクラス
プライベート空間が魅力のビジネスクラス

使用機材は JAL SKY SUITE 仕様で、ビジネスクラスは 1+2+1 列の JAL SKY SUITE Ⅱ、エコノミークラスはシートピッチの拡大と座席のスリム化により広がった足元スペースが好評の「新・間隔エコノミー」 JAL SKY WIDER です。

ホノルル線で人気のプレミアムエコノミークラスはなく、エコノミークラスの座席が多い仕様となっています。今後、プレミアムエコノミーの追加が望まれます。

エコノミーは利用しやすい 2+3+2 列
エコノミーは利用しやすい 2+3+2 列

ボーイング767-300ER(763)/ 機内座席配置

いよいよ出発

定刻で出発
定刻で出発

就航初便はほぼ定刻で出発。空港スタッフの方々から見送られ、ゲートから離れます。

今回は初日とあって機内には特別なディスプレイも飾られていました!

手作りの機内のディスプレイ
手作りの機内ディスプレイ

またこのB767型機では、機内Wi-Fiサービスが利用できます。 今回は1時間の無料接続サービスも提供。

客室乗務員さんからのメッセージカード
客室乗務員さんからのメッセージカード

ビジネスクラスの座席紹介

コナ行きのビジネスクラスシートは、JAL SKY SUITE II(スカイスイート II)仕様。

日本=ハワイ間では便によって、ビジネスクラスの座席が異なり、他の便では初代の JAL SKY SUITE や最新の JAL SKY SUITE Ⅲ 、また臨時便などでは JAL SHELL FLAT NEO の場合もあります。

SKY SUITE II(スカイスイート II)
SKY SUITE II(スカイスイート II)

コナ線の SKY SUITE II は、座席が真っ直ぐ前に向いているタイプで、二人での利用なら中央の並び席、一人での利用なら窓際の席がおすすめです。

二人での利用なら距離が少し離れてしまう SKY SUITE Ⅲ よりもこちら SKY SUITE II がおすすめで、コナ線の座席はご夫婦やカップルでの利用にも最適。

エコノミークラスも 2+3+2 列なので、一人または二人でも利用しやすい座席配置となっています。

リクライニングからフルフラットまで自動で調整できる
リクライニングからフルフラットまで自動で調整できる

SKY SUITE の座席はプライベートな空間が確保され、座席はフルフラットになるが最大の特徴です。

座席横のボタンを利用して細かな調整やポジション設定が、自動でかんたんに行えます。

取り外し可能なコントローラー
取り外し可能なコントローラー

大型ディズプレイでのエンターテインメントや各種操作は、取り外し可能なコントローラーを利用できます。

電源プラグがさせるコンセント
電源プラグがさせるコンセント

また110V/60HzのPC電源(コンセント)やUSB端子がすべての座席に用意されており、スマートフォンなどを充電することもできます(エコノミークラスは各座席の間に共用電源を用意)。機内持ち込みの荷物に、充電アダプターとケーブルを入れておくと便利です!

座席クッションとアメニティグッズ
座席クッションとアメニティグッズ

路線により異なるJALビジネスクラスのアメニティですが、ハワイ路線では比較的コンパクトな内容となっています。

座席で利用できるクッション、ブランケットが用意されているほか、持ち帰りできるスリッパ、歯磨きセット、モイスチャーマスク、耳栓、アイマスク、アイリフレッシャーなどが入っているアメニティグッズを用意しています。

最新のアメニティグッズはJALウェブサイトでご覧になれます。

※就航当時の内容です。機材や座席仕様は今後変更になる場合があります。

ビジネスクラスの機内食

日本発のハワイ行きでは通常、出発後のドリンク・夕食と到着前に軽い朝食が提供されます。

気流などの状況にもよりますが、今回は最初のドリンクサービスは日本時間の23時頃。夕食は24時頃からとなりました。

コナ線限定カクテル “ビッグアイランド ブリーズ”
コナ線限定カクテル “ビッグアイランド ブリーズ”

ドリンクは通常のドリンクメニューに加えて、コナ線限定カクテルのJALオリジナル“ビッグアイランド ブリーズ”も提供。

メニューによると「ハワイをイメージされる梅酒とグループフルーツジュースのジャパニーズカクテル」とのことで、すっきりとしたトロピカルカクテルを楽しめました。

洋食のビジネスクラス機内食
洋食のビジネスクラス機内食 ※時期により異なります

ビジネスクラスでは和食と洋食から選ぶことができますが、今回は洋食を選択。メニューはこちらでした。

・牛蒡のシーザーサラダ、秋野菜のローズマリーマリネ、鶏肉のバジルクリーム和え、秋刀魚の酢〆と揚げ茄子
・サツマイモの冷製スープ
・ドフィノワと牛肉のペリグールソース
・メゾンカイザー特製パン プチナチュール、プチパンオノア
・コナ線就航記念 コナコーヒーロールケーキ

食後のデザート
食後のデザート

夕食後、いったん機内の照明が落とされ就寝時間となります。

数時間経つと外はすっかり明るくなり、朝食の時間です。今回はハワイ時間で午前9時過ぎ。定刻ではコナ着が10時15分なので、到着のちょうど一時間前くらいとなります。

日本時間では朝のまだ4時頃なので、夕食から朝食までの間隔はとても短くなっています。

コナ線就航記念パンケーキ
コナ線就航記念パンケーキ

朝食メニューは、コナ線就航記念パンケーキに、コーヒーゼリーとマスカルポーネチーズのキャラメルナッツソース。

朝食を食べ終え、ドリンクサービスが終わる頃には、カウアイ島やオアフ島などハワイの島々の上空を飛行し、まもなくハワイ島に到着します。

飛行ルートは気象条件などによっても変わってきますが、この日はオアフ島のダイアモンドヘッドをほぼ真上から観ることができました。

オアフ島ダイアモンドヘッド
オアフ島ダイアモンドヘッド

また最新の機内食はJALのウェブサイトでもご覧になれます。気になったらぜひチェックしてみください。

午前10時過ぎにコナ空港に到着!

ハワイ時間の午前10時(日本時間の午前5時)を過ぎると、いよいよコナ空港への着陸体制に。

ハワイ諸島を横断する
ハワイ諸島を横断する

南風の多いコナ空港では、北側から着陸することが多く、左側の座席に座っていれば着陸前に標高4,207mのマウナケアやビーチを眺めることができます。

近年は着陸時もカメラを使えるようになりましたので、ハワイ島で最初の撮影チャンスです!

コナ国際空港
コナ国際空港

1階建てのターミナルがいい意味で「ターミナルビル」とは呼べない開放的な構造のコナ空港。日本からわずか7時間半でこの広大な大地のハワイ島に降り立つことができます。

着陸から歓迎の放水アーチまでは YouTube で動画『JAL ハワイ島コナ直行便、2017.9.15 就航初便のコナ空港着陸&放水アーチ』をアップロードしています。合わせてご覧ください。

ターミナルへはタラップで

コナ空港ではすべての旅客機がタラップを使って乗客・乗務員が乗り降りします。

以前のJAL直行便ではジャンボジェット機も就航していましたが、当時も同じくタラップが使用されていました。

タラップで飛行機を降りる
タラップで飛行機を降りる

直行便でもハワイ島には同日に到着します。就航初便が到着したハワイ時間2017年9月15日には、関係者が集まり乗客をお出迎え。記念撮影なども行われ、賑やかな雰囲気となっていました。

就航日とあって賑やかな雰囲気
就航日とあって賑やかな雰囲気

入国審査は専用ドームで

2010年10月にJALの直行便が運休して以来、国際線の到着がなかったコナ空港。2016年12月21日にハワイアン航空が羽田=コナ線を就航するタイミングで、新たに入国手続きに必要な建物や設備が新設されました。

入国審査を行う建物
入国審査を行う建物

白いドームのような建物は、国際線の専用となっており、成田からのJAL直行便、羽田からのハワイアン航空直行便を利用すると、まずはこの建物へ進みます。

到着広場へ

同じタイミングで入国審査を行う乗客はJAL到着便のほかにありませんが、スタッフがそれほど多くなため、少し待ち時間が発生します。

ホノルル空港ではセルフの機械が導入されていますが、コナ空港では審査官が一人ひとり対応しています。

入国審査を通過して荷物を受け取ると、到着広場へ出ることができます。移動距離はほとんどなく、経路はとてもスムーズで迷うことはありません。

就航記念セレモニー
就航記念セレモニー

コナ発の成田行きも折り返しこの日が初日。広場では関係者が集まりセレモニーが開催されたほか、ドリンクやデザートなどが振る舞われました。

大きなケーキには "E Komo Mai Japan Airlines"(ようこそ日本航空)の文字をデコレート。

就航記念セレモニーのケーキ
就航記念セレモニーのケーキ

この到着広場には、パッケージツアーを出迎えるバスなどが発着できる駐車スペースが用意されています。

ツアー利用でハワイ島を訪れる方は旅行会社のホテル送迎、またその他の各種送迎、レンタカー営業所へのシャトルバスもこちらに発着してくれます。

まだまだハワイ島はレンタカーがないと自由に移動しにくい面はありますが、様々な現地ツアーを利用することで魅力的なスポットをめぐり、ハワイ島ならではの体験ができます。

ぜひ便利な日本からの直行便を利用して、ハワイ島を訪れてみてください!

到着広場と送迎バス
到着広場と送迎バス

でもやっぱりオアフ島も行きたい!という場合は、行きにコナ直行便、途中でホノルルまで国内線で移動して、帰国はホノルル発に乗るという経路も可能です(もちろん逆も可)。

羽田発のハワイアン航空直行便と合わせて、次のハワイ旅行にはハワイ島へも!

空港外から見た到着・出発の様子はこちらの記事「ハワイ島コナ空港を離発着する飛行機どこで撮れる?」でご覧になれます。

» ページの先頭へ