ウィッティントン・ビーチとホヌアポ・ベイを望むハイウェイ沿いのルックアウト

ナアレフとパハラんの間にあるハイウェイ沿いのシーニックポイントを紹介。ホヌアポ湾やウィッティントン・ビーチが一望できます。

レンタカーでドライブしながら観光スポットを巡るのが人気のハワイ島。 島全体をママラホア・ハイウェイ(ハワイ・ベルトロード)で周回することができます。

ハイウェイ沿いにはいくつもの展望スポット(Scenic Point)が用意されており、ドライブ途中に立ち寄ってハワイ島の素晴らしい景色を楽しむことができます。 今回は島南部、ナアレフの町近くにある展望スポットをご紹介。

ホヌアポ湾を望むシーニック・ポイント
ホヌアポ湾を望むシーニック・ポイント

コナ側からボルケーノ方面へ向かっているならナアレフの町を過ぎた後、ボルケーノ側からコナ方面へ向かっているならパハラの町やプナルウ・ビーチ付近を過ぎた後に、ハイウェイの海側にシーニック・ポイントがあります。

ホヌアポ・ベイと呼ばれる湾とウィッティントン・ビーチ・パーク(Whittington Beach Park)を望む展望スポットで、溶岩で島が広がっていったハワイ島ならではの黒い海岸線が見られます。

朽ち果てた桟橋のあるウィッティントン・ビーチ・パーク
朽ち果てた桟橋のあるウィッティントン・ビーチ・パーク

ハワイ島南東の海岸線から見渡す太平洋が印象的な場所ですが、北側にズームするとウィッティントン・ビーチ・パークに残る朽ち果てた桟橋を観ることができます。

1930年代まで砂糖などを搬出していた桟橋で、今でもその土台が一部残っています。 ビーチパークは海水浴というよりも、キャンプ場として利用されることが多いところです。

溶岩で広がったハワイ島の海岸線
溶岩で広がったハワイ島の海岸線

今でも溶岩が海へ流れ込み、島が広がっているハワイ島。 近くのプナルウ・ビーチ・パークが黒砂海岸と呼ばれているように、このあたりの海岸線も黒い岩場が印象的です。

スピードを出していると、あっという間に通り過ぎてしまう場所ですが、時間があればハワイ最南端にも近いこのシーニックポイントに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スポット情報

スポット名:ホヌアポ・ベイ・ルックアウト
住所:Mamalahoa Hwy, Naalehu, HI 96772
アクセス:ママラホア・ハイウェイ(11)沿いに駐車スペースあり、ナアレフからボルケーノ方面へ約5分、

twitterこの記事をツイートする

ナアレフのおすすめ観光ガイド

» 最新記事の一覧へ

ページの先頭へ