ハワイ島に関するよくある質問に回答!10の疑問を解説

ハワイ島(ビッグアイランド)旅行に関する10の疑問に回答!ハワイ島についてのよくある質問を詳しく解説しています。

何泊何日あると楽しめる?

もしハワイ島だけに滞在するとしても、2泊4日では足りないくらいに、見所がたくさんあります。

直行便や乗り継ぎで早い時間に到着できれば、1日目にも観光ができますが、2泊だと終日観光が楽しめるのは1日だけです。

おすすめは3泊以上

観光スポットやアクティビティが多く、ビーチやプールで遊んだり、ゴルフも楽しめるハワイ島では、3泊以上あったほうが満喫できます。

もし1週間の休みがあれば、ハワイ島3泊+オアフ島2泊の合計5泊7日のハワイ周遊旅行はいかがでしょうか?

ハワイ島は広い

またキラウエア火山やヒロの街を観光する場合、コナ側・コハラコースト側のホテルからは移動時間だけ片道1時間半~2時間くらいかかります。

日帰りツアーでは途中の観光名所やお店に立ち寄るコースもありますが、全体的に移動時間は長くなります。

個人手配ならおすすめは2ヶ所に宿泊

もし旅程に余裕があり、3泊5日や5泊7日などのハワイ島旅行ができるのであれば、2ヶ所に分けて宿泊するのがオススメです。

例えば、ヒロの街もしくはボルケーノに何泊か滞在して、ヒロの街やハワイ火山国立公園を観光。

途中で西岸のコナ側へ移動して、カイルアコナ周辺やコハラコーストのリゾートに滞在すれば、移動日にも効率よく観光ができます。

» ハワイ旅行の日数はどう数える?何泊何日と必要な休みの計算方法を解説!

観光&アクティビティは何が楽しめる?

美しいハプナビーチ
美しいハプナビーチ

ハワイ島で人気の観光名所は、ハワイ火山国立公園での火山観光やマウナケアでの星空観察がとくに人気です!

また数多くの絶景スポットに、カメハメハ大王に関する様々な史跡、コナコーヒー農園めぐりも楽しめます。

大型のビーチリゾートでは、プールやビーチでのんびり過ごしたり、イルカやマンタに出会えるかもしれないシュノーケリングなど、体験できることがたくさんあります!

» ハワイ島の観光スポットを厳選!定番&人気のおすすめ観光名所30選

やっぱり直行便が便利?

コナ空港の入国審査を行う建物
コナ空港の入国審査を行う建物

ハワイ島へは、羽田からハワイアン航空が週3便、成田からJALが毎日、コナ空港への直行便を運航しています。

直行便を利用しない場合、ホノルル空港での乗り継ぎが必要です。

ホノルル空港で入国審査、荷物をいったん受け取る必要があり、時期や時間帯によっては通過するまで1時間近く時間がかかることも。

また乗り継ぎ時間には通常、3時間が目安とされていますので、国際線+乗り継ぎ時間+国内線で、合計10~11時間かかります。

直行便なら約7時間半~8時間で一気にコナ空港に到着します!

» ハワイ島へのアクセスと行き方

オアフ島ホノルルとの組み合わせ

ハワイ島だけでは物足りないと思ったら、オアフ島+ハワイ島の周遊旅行がおすすめです。

例えば、行きはハワイ島への直行便、途中で国内線に乗りオアフ島へ、オアフ島でも滞在して帰りはホノルル空港から日本へのフライトに乗ることができます。

もちろん先にオアフ島へ行き、帰りにハワイ島からの直行便を利用することもできます。 また途中でマウイ島など他の島へ行くこともできますね。

帰りのコナ発はターミナルが不便で物足りない?

もし帰りもコナ空港から日本への直行便を利用しようとすると、コナ空港のターミナルで出発時間まで過ごすことになります。

オープンエアー型のターミナルで、保安検査前のエリアにはショップはなし、保安検査後にもショップと飲食店はそれぞれ1~2軒ほどです。

さらに日陰のあるベンチが限られており、アメリカ本土行きなども同じエリアなので、待つ場所さえも少し困ってしまうほどです。

どこに泊まる?

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ
ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

ハワイ島旅行での定番は、西岸にあたるコナ空港側での滞在です。

ノースコナ ~ コハラコースト

コナ空港から北方面のコハラ・コーストには、フアラライ・リゾート、ワイコロア・ビーチ・リゾート、マウナラニ・リゾート、マウナケア・リゾートと続き、大手ホテルブランドのホテルやコンドミニアムが点在しています。

カイルアコナ ~ ケアウホウ

コナ空港から南方面のコナ・コーストには、カイルアコナの町からケアウホウ地区にかけての海岸線を通るアリイ・ドライブ沿いに、ホテルやコンドミニアムが点在しています。 リーズナブルな宿が多いのもこのエリアです。

ヒロの街

島の北東側に位置するヒロの街には、ホテルが何軒かありますが、いずれも小規模でビーチリゾートといった雰囲気ではありません。 また市内にはB&Bなどの宿泊施設もあります。

ボルケーノ周辺

キラウエア火山のあるハワイ火山国立公園には1軒だけホテルがあります。 また近くのボルケーノ・ビレッジにはB&Bやバケーションレンタルなどがあります。

» 泊まってわかった!ハワイ島のおすすめホテル10選をしっかり解説

空港からホテルまでの移動は?

コナ空港の到着エリアと送迎バス
コナ空港の到着エリアと送迎シャトルバン

日本からのパッケージツアーでは、宿泊ホテルまでの送迎が付いている場合がほとんどです。

個人手配でのレンタカー利用やパッケージツアーでのレンタカープランなら、空港から車で出発できます。

個人手配で空港からレンタカーを借りないのであれば、空港からの送迎シャトルサービスをチェックしてみましょう。 事前予約をお忘れなく!

» コナ国際空港のアクセス

レンタカーを借りなくても楽しめる?

ハワイ島コナ空港のハーツレンタカー
ハワイ島コナ空港のハーツレンタカー

ハワイ島に興味を持っていろいろ調べ始めると、ハワイ島ではレンタカーをおすすめする情報を目にすると思います。

間違いなく言えるのは「レンタカーがあったほうが断然楽しめる」ということです。

レンタカーを借りると行動範囲が格段に広がりますので、レンタカーを借りない場合とでは行ける場所・行けない場所がまったく変わってきます。

路線バスも走ってはいますが、観光で利用できるような路線や運転本数ではないので、旅行では検討する理由はないかと思います。

» ハワイのレンタカー&ドライブガイド

治安は?

ハワイ島に限ったことではありませんが、ハワイは全般的に治安が悪いということはありません。

もちろん日本よりは銃を使った事件が起きますし、覚醒剤や飲酒運転などさまざまな要因があるのも確かです。

しかし一般的に観光で訪れるような場所で、治安に不安を感じることはほとんどありません。

暗くなったらひとけのない場所へ出歩かない、夜遅くにホテルから出ない、観光名所以外の場所へ行かない、私有地に入らない、など海外旅行で気をつけるべきことを守っていれば大丈夫です。

火山観光って危ないの?

キラウエア・カルデラ
ボルケーノ・ハウス前から眺めるキラウエア・カルデラ

2018年5月上旬からハワイ島では新たな噴火が発生し、日本でもテレビのニュースなどで衝撃の映像が流れました。

その噴火は8月上旬には落ち着いており、5月上旬に噴火する以前よりも落ち着いてしまったほどです。

キラウエア火山で知られるハワイ火山国立公園は、しっかりと整備された国立公園で、常にパークレンジャー(公園スタッフ)や専門家が状況をチェックしています。

そもそも危険な場所への立ち入りは禁止されているので、公園内の観光スポットや現地オプショナルツアーで訪れる場所なら安心して観光できます。

» ハワイ火山国立公園の観光と旅行ガイド

マウナケアっていつでも星空が見えるの?

途中のビジターセンター
途中のビジターセンター

富士山よりも標高が高いハワイ島のマウナケアは、星空観察でも人気のスポット。 日本の「すばる望遠鏡」など世界各国の天文観測所があり、星空観察には絶好のロケーションです。

しかしいつでも晴れているかと言えば、そうではありません。 現地ツアーを予約する日が晴れるかどうかは、日本出発前にはわかりませんし、現地到着後でも天気予報はなかなか分かりづらいものです。

実際、マウナケアに登っても曇っていて何も見えなかった、なんてこともありますし、むしろホテル周辺のほうが晴れていて星がよく見えることも。

また11月~翌3月くらいにかけては、山頂付近で雪が降り、山頂へのアクセスロードが通行止めになることがあります。

ベストシーズンは?

コーヒーの実
夏から冬に赤くなるコナコーヒーの実

ハワイ島は1年を通して快適な滞在が楽しめる島です。

7月~9月はハリケーンシーズンに入っているので、場合によっては悪天候になることもありまが、こればかりはタイミング次第です。

冬にはマウナケア山頂に雪が積もっている姿を観ることができるかもしれませんが、山頂で星空観察などを楽しむにはデメリットにもなります(ハワイ語で Mauna Kea は「白い山」の意味)。

イベントとしては、3月下旬~4月上旬ころにヒロで開催されるメリー・モナーク・フェスティバル、3月下旬のコナ・ブリュワーズ・フェスティバル、11月のコナ・コーヒー・カルチュラル・フェスティバルなどがあります。

ハワイ島のことをもっと知りたい!

まだハワイ旅行ではオアフ島しか行ったことのない方に、ぜひおすすめの離島がハワイ島です!

もしハワイ島に行こう!と思ったら、エリア別やテーマ別の情報を「ハワイ島の観光と旅行ガイド」から探すことができます。

ハワイ島はビーチリゾートはもちろん、観光スポットや現地オプショナルツアーで楽しめるアクティビティも多い島です。

広大な大地で、 ぜひハワイ島の魅力を感じてみてください!

» ハワイ島への旅行をオススメする数えきれない理由!

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ