ハワイアンミュージックの最新アルバム

おすすめハワイアンミュージック - ハワイの音楽を聴こう!

おすすめアーティストとジャンル一覧

» 人気シリーズ

アロハ・ヘヴン プレミアム・ベスト

» スラックキーギター

Hawaiian Slack Key Guitar Masters

ハワイアンミュージック特集

人気アーティスト

最新のハワイミュージックアルバム

Aina Kaula: Motherland

music by Keale

発売:2014-11-22
レーベル:CD Baby

カワイオカレナ 【国内盤 ボーナス・トラック・解

music by ケアリイ・レイシェル, Keali'i Reichel

発売:2014-11-19
レーベル:ビクターエンタテインメント

フラレア~Love~

music by オムニバス, ケアリイ・レイシェル, ケリイ・カーネアリイ, ネイサン・アウェアウ, ライアテア, アロハ・ハワイ・オーケストラ, ナレオ, マウナルア, ショーン・ナアウアオ

発売:2014-11-19
レーベル:ビクターエンタテインメント

E Mau Ke Aloha

music by Waipuna

発売:2014-11-11
レーベル:Poki Records

Kawaiokalena

music by Keali'i Reichel

発売:2014-10-21
レーベル:Punahele Productions

» もっと最新のハワイアンミュージックCDを見る

ハワイの音楽を本で知る

ALOHA!ハワイアンCD132選 これからハワイアンミュージックを聞いてみようという方におすすめの1冊。 有名アーティストの名盤CDから、企画盤、シリーズものまで幅広く紹介。 なにから聴いていいのか分からない方は本書を片手に入門してみては?! 表紙もキレイなので読まないときはインテリアとしてもグッドです。 » 詳細はこちら lohe lohe! ハワイの音楽本 (MANA) ハワイアンミュージックの168アルバム、328アーチスト、1,930曲を網羅したガイドブック。 スラック・キー・ギターの巨匠である山内アラニ雄喜氏とハワイアンCDバイヤー藤崎真一氏が揃って書き下ろした音楽ガイドなので、内容も間違いない出来であることを保証済み! » 詳細はこちら
Aloha! ハワイアンCD132選 改訂版 (素敵なフラ・スタイル選書) 2005年に出版された『Aloha! ハワイアンCD132選』の改訂版が登場。 フラ専門の季刊誌『素敵なフラ・スタイル』でハワイアンミュージックを紹介する藤崎真一氏が、おすすめのハワイアンCDアルバムを厳選。2014年8月発売。 » 詳細はこちら ハワイアン・ミュージックの歩き方 アロハな音楽にであう旅― (地球の歩き方GEM STONE) 地球の歩き方からハワイアンミュージックを特集した『ハワイアン・ミュージックの歩き方』が登場。近年のハワイ音楽全般がわかる貴重な1冊。2009年9月発売。 » 詳細はこちら

ハワイアンミュージック関連トピック

Kuana Torres Kahele - Kaunaloa

2012年ナ・ホク・アワード、アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞作品

Na Palapalai(ナ・パラパライ)のメンバーだったクアナ・トレス・カヘレのソロデビュー・アルバム "Kaunaloa" が、2012年のハワイアン・アルバム賞を受賞。収録曲もソング・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

Treasures Of Hawaiian Slack Key Guitar

2008グラミー受賞作品

2008年グラミー賞の Best Hawaiian Music Album には "Treasures Of Hawaiian Slack Key Guitar"が選ばれました。 前年に引き続き、スラックキーギターのコンピレーションアルバムが受賞です。

Legends of Hawaiian Slack Key Guitar: Live from Maui

2007グラミー受賞作品

2007年グラミー賞の Best Hawaiian Music Album には "Legends of Hawaiian Slack Key Guitar: Live from Maui"が選ばれました! マウイ島カパルアのリッツカールトンで収録されたライブ盤で、ダニエル・ホーのプロデュース第2段。 伝統ハワイアンソングが並ぶまさに伝説的1枚。

ウクレレの語源

ハワイ語で「ウク uku」とは「跳ねる、踊る」で「レレ lele」は「蚤(ノミ)」の意。 ウクレレを弾くときの指の動きが「跳ねているノミ」に見えたとう説が一つ。 歌って踊っている姿が「ノミが跳ねている」ように見えたという説もあります。

» トップへもどる

» ページの先頭へ